ゼロエミッションと日本経済 (岩波新書)

著者 : 三橋規宏
  • 岩波書店 (1997年3月21日発売)
2.82
  • (0)
  • (0)
  • (10)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :28
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004304913

ゼロエミッションと日本経済 (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイトルと中身に違和感あり, 2004/10/27


    ゼルエミッション(廃棄物の無い)社会の構築の提言として
    先進事例の屋久島の例や、環境に優しいビジネスに取り組む企業を紹介している。興味深かったのは、北海道の住宅メーカー木の城たいせつ、最近なにかと話題の日亜工業の青色LED。
    また、企業のほかに、地域の環境の取り組みも紹介している。風力発電の立川町の話が興味深かった。
    ただ、本書のタイトルと日本経済への結びつきが良くわからなかった
    今、廃棄物(エミッション)をなくし、資源循環型社会をめざす「ゼロエミッション」構想が提唱されている。環境保全という地球規模の課題にこたえる経済システムとは何か。屋久島の実験をはじめ、「常識」の壁に挑む起業家たち、足元から実践する地域、方向転換を展望する企業など、最新の動向を報告して、新時代のイメージを提出する。

全1件中 1 - 1件を表示

三橋規宏の作品

ゼロエミッションと日本経済 (岩波新書)はこんな本です

ツイートする