マックス・ヴェーバー入門 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.44
  • (20)
  • (31)
  • (82)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 488
レビュー : 46
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004305033

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 内容が専門的であり、読み応えがありました。
    また、正統派を紹介するのではなく、
    むしろ否定し、筆者の独自の主張をしていて、
    その主張が、とても深いもので、画期的である点で、
    新書の「入門」の域を超えた大作であると思いました。

    前半を読み進めたときは、
    「なぜそこまでウェーバーにこだわるんだろう?」
    と、ウェーバー主義とでもいうべき立場に懐疑的でしたが、
    だんだんと、近代化についてのウェーバーの本当の思想が
    伝わってきて、最後は、生き方を示唆してくれている点で、
    筆者の理解する仕方でのウェーバーの思想そのものに、
    僕自身、とても大きな意味を
    見いだすことができたのでした。

    社会学や思想を学ぶ方には、是非おすすめの1冊です。
    僕自身は、さらに、「職業としての政治」やニーチェを
    読みたいという気持ちになりました。

    語り出すと興味の尽きない内容ですので、
    ここではこの辺で。

  • 名著『ニーチェとウェーバー』(未来社)で知られる著者自身の解釈に基づくマックス・ウェーバーの入門書。ヨーロッパ近代の「合理化」を賛美した社会学者としてではなく、合理化の進展がゆきつくことになる問題を見据えた上で、その帰趨を引き受ける人間像への展望を開こうとした思想家としてウェーバーを解釈している。

    著者は本書の第1章で、これまでの社会学を二つに類型化している。第一の類型は「構造論的アプローチ」と呼ばれており、スミスとマルクスに代表される。第二の類型は「行為論的アプローチ」と呼ばれ、ウェーバーの社会学はこれに属する。第一の構造論的アプローチが、社会の客観的構造の解明をめざすものであるのに対して、ウェーバーの立場は倫理や道徳、さらには感情といった個人の意識の内側に入り込むことで、社会的行為の内面的動機づけを解明するものだという。

    著者はこうした観点から、まずはウェーバーの主著である『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』の解説をおこなう。そこでは、宗教的信仰が大衆に受け入れられてゆく非合理的なプロセスの中で、ウェーバーの考える合理的なエートスが育まれていったということが説明されている。

    続いて、ウェーバーがヨーロッパの合理化にひそむ問題を捉えていたという著者の見解が論じられる。著者はまず、ウェーバーが精神に変調をきたした時期にキリスト教的倫理への反逆をおこない、人間の「生」の根底にひそむコントロールできない無意識の力を認める方向に歩みだしたと主張する。このような発想はニーチェやフロイトと響きあうものである。だがウェーバーは初め、ニーチェやフロイトが「生」の基盤を生物学的なところに求めたことに同意せず、カント的な自律の立場に近い考えを抱いていた。本書ではその後のウェーバーが、人間の奥底にひそむ非合理的な力は意味解釈や動機の探究によっては説明できないという立場に転じていったことを明らかにするとともに、ウェーバーはそうした運命を引き受ける「受苦者の連帯」という展望を切り開こうとしていたのではないかと論じている。

  • 数ヶ月ほど前に読もうとして挫折したのだが、なんとか読了。『入門』という割には随分と難解。そのぶん丁寧に議論が進められてはいるが。第3章の『精神の病』はかなり読み応えがある。プロ倫に手を出してみたいなとは思うがまだハードルが高いなぁ……。

  • 2017年2月12日紹介されました!

  • ヨブ記
    内田樹の日本辺境論に出てきた?

  • 入門ではない。彼が歴史学者でもあったことも含め、様々な時代や経済の知識がないと難しい

  • マックスウェーバーの「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」については前から耳にはしていたが、なぜプロテスタントの気質と資本主義が結びつくのかいまいちピンとこなかった。この入門書でそのあたりの事情が少し明確にはなったが、だからといってそういう議論がそれほど意義深いものとは未だに実感できない。ニーチェが古代を通して近代を批判したのと同様に、マックスウェーバーも古代史研究によって近代をもう一度見つめ直した。マックスウェーバーは脳天気に歴史の進化の法則を唱えていたのではなく、社会の官僚制化に普遍性を見いだしこれを危惧した。マックスウェーバーはやはり偉大だった、しかしこれが正統に評価されてこなかったというとがこの著書の主旨のように思えた。

  • うむむ、入門なのに何か難しい・・・?
    今回は本書で中心的に触れられている、間違ったウェーバー解釈を解き明かすことではなく、理念型と価値自由の姿勢について知りたかった。まあ、中盤からは適当に読み飛ばしていたわけですが、いずれプロリンを読みたいなと思うので、もっと真剣に読めばよかったと早速後悔。

  • ――――――――――――――――――――――――――――――
    「冷たい骸骨の手が温かい生命を掴む」20
    ――――――――――――――――――――――――――――――
    営利機械としての人間93

    合理化された支配秩序の形成、つまり近代官僚制度の形成にいたる過程を明らかにしてそのフィナーレを迎えるのです。95
    ――――――――――――――――――――――――――――――
    ギリシャ民族はこの信託に従うべきか否かをめぐって運命的な岐路に立たされましたが、周知のように、アテネとスパルタを中心とするギリシャの都市連合は、この信託にもかかわらず、ペルシャと戦うことを決断し、奇跡的大勝利を得ました。160

    「祭司と騎士」という対抗関係の理念型が、ここに成立します。166

    普遍的救済に向かうのではなく、運命的な不確実性に立ち向かおうとする社会層としての騎士的・戦士的市民層の対抗、という図式なのです。167
    ――――――――――――――――――――――――――――――

  • 前半はウェーバーが実は資本主義の精神を運命的な力として批判していたという内容、後半はウェーバーの実際の人生の変遷と対照しながら前半の論の根拠づけを行っている。ウェーバーは『プロ倫』『客観性』『職業としての~』で有名だが、古代宗教論にも軸を置いているということがよく分かる。

全46件中 1 - 10件を表示

山之内靖の作品

マックス・ヴェーバー入門 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする