術語集〈2〉 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.32
  • (7)
  • (15)
  • (54)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 248
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004305040

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 目次:
    まえがき―『術語集Ⅱ』について
    1 悪―存在の欠如/関係の解体/〈人類を進歩させていく重要な要因〉
    2 アニミズム―生命感覚/アニマティズム/粘菌
    3 アフォーダンス―現象学/マインドスケープ/表情
    4 安 楽 死―消極的安楽死/リヴィングウィル/自然死
    5 イスラム―湾岸戦争/モロッコ/ロジェ・ガローディ
    6 インフォームド・コンセント―術語の翻訳/宝石箱効果/文化の翻訳
    7 ヴァーチャル・リアリティ―実質性/仮想記憶/マインド・コントロール
    8 老 い―〈人生の階段〉/平均寿命/老熟
    9 オートポイエーシス―渦動/動的非平衡系/法システム論
    10 オリエンタリズム―脱エグゾチズム/イメージの押しつけ/ヘテロピア
    11 顔―観相術/顔画像のシミュレーション/《汝、殺すなかれ》
    12 カ オ ス―無為自然/力学的カオス/カオスモス
    13 記 憶―古代記憶術/〈方法〉の発見/想起的記憶
    14 共 同 体―エゴの孤独。社会主義の実験/〈無為の共同体〉
    15 グノーシス主義―異端/善悪二元論/〈悪しき造物主〉
    16 クレオール―ピジン語/ポストコロニアル/カリブの〈新しい世界〉
    17 宗 教―信仰心/虚無の自覚/逆光の存在論
    18 儒教文化圏―沈黙の宗教/儒仏道三教/産業的儒教倫理
    19 情報ネットワーク社会―informare/サイバースペース/ネチケット
    20 人工生命―セルオートマトン/遺伝的アルゴリズム/〈ティエラ〉
    21 人工知能―思考する機械/エクスパート・システム/ニューロコンピュータ
    22 崇 高―反美学/無感動/縄文の美
    23 世代間倫理―社会契約の相互性/長期責任の倫理/恩返し
    24 テクネー―ヒポクラテスの誓い/アート&テクノロジー/放下
    25 哲 学―生き方の確実な基礎/絶えざる自己還帰/哲学リズム節
    26 日本的霊性―無分別知/もがり/生命存在論
    27 脳 死―死の基準/脳幹死/人間の死
    28 恥の文化―罪の文化/場所の支配/〈キタナイ〉
    29 ヒトゲノム―シークエンシング/遺伝子テスト/遺伝子治療
    30 秘密金剛乗―大乗と小乗/オウム教団/三毒十悪
    31 ファジー集合―〈良い加減〉/コンセンサス/非デカルト的認識論
    32 フェミニズム―〈女嫌い〉/ジェンダー論/日本型フェミニズム
    33 複 雑 系―非線形/生きているシステム/〈カオスの縁辺〉
    34 ボーダーレス―性差の曖昧化/境界例/distinguo
    35 ポストモダン―ハイブリッドな建築/大きな物語の失墜/〈近代の超克〉論
    36 免 疫 系―もう一つの自己/胸腺/アポトーシス
    37 物 語―可能感覚/〈悟性の遠近法的短縮〉/物語vs科学
    38 弱さの思想―パトスの知/行為的直観/パテーマ大全
    39 リ ズ ム―振動/共振/汎リズム論
    40 歴史の終わり―社会主義終焉/純粋状態のスノビズム/気概の喪失
    文 献/あとがき/人名索引・事項索引

  • 本編と併せて書棚の真ん中に置いて繰り返し紐解きたい最良書。

  • 高校一年の時に、国語の教師に勧められたもの。人生初の新書。ある意味読書体験の始まりであり、原点である。
    「アイデンティティ」から始まり、「エロス」や「悪」などの語句の意味が解説されている私家辞書である。
    読み始めは、なかなか読みづらかったのを覚えているが、評論文の文体に慣れてくると、いつの間にか知的な刺激に病みつきになっていた。
    国語が苦手な全ての高校生に読んでほしい一冊だ。

  • キーワードを「今北産業」的に数ページで解説してくれる優れもの。入門の入門くらいの感じでさくっと入っていけます。

    メモ
    ・歴史の全体性がどれほど捉えにくく、それに向かい合う人々をカオスに直面。世界の総合的性格の捉えにくさ、それは永遠にカオス

    ・リズム:アナログ的・非線形的⇔デジタル的、この断絶を埋めるものとして振動、リズム。
    共通のサーカディアンリズム(生物の体内時計のリズム)をはじめ、様々な周期のリズム振動が多数存在。別々に存在してるのではなく、互いに引き込み(entrainment)によって共振し豊かになる。
    「リズム振動」「引き込みによる共振」→いたるとこに見出され、偏在的現象。・・・古代人はいち早く直感的にとらえていた。

    ・カオス:熱力学ではっきり。エントロピーは不可逆的変化によって常に増大。ex)心臓、脳の振動に生ずる乱れ/野生動物の個体群の変動→自然の不規則な面、断続的で気まぐれな面。
    実在の無秩序、不安定性、非平衡、非線形の関係性・時間性。
    巨視的に見れば無秩序かもbut微視的に見れば高度に組織化されている。

    ・バーチャルリアリティ:vertu=美徳。formal/possible/actualの反対→実質的な。
    光学>屈折や反射が生み出す「虚像」。想定できない粒子の速度、運動率=ヴァーチャル速度、ヴァーチャルモーメント。
    コンピュータ>ヴァーチャルメモリ=仮想記憶、エイリアス(デスクトップの分身)。光学上の虚像とにてるかな?
    あるにはあるが通常と違う「別の在り様」

    コンピュータサイエンスやテクノロジーが人間にもたらした新しいリアリティ(現実)は今考えるべきところかな。

    フロイト:文化は人間が作った貴重な産物。自分が作り出した文化によって拘束されるパラドックス。言葉もそうだね。
    マルクス:資本主義社会規範によって人間性が疎外される。

    ・オリエンタリズム:EUによる異国趣味(=西洋の東洋に対する支配の様式)。非EUなイメージの押し付け。
    根底>東洋西洋間の本質的な差異、存在論かつ認識論の分別。
    特定なイメージで表現、把握。

  • [ 内容 ]
    不透明感を増す現代を、根底から照らすキーワードを精選しておくる、ベストセラーの続編。
    「悪」「記憶」「宗教」「哲学」「物語」といった基本となる用語から、「アフォーダンス」「オリエンタリズム」「脳死」「歴史の終わり」など現在みおとすことのできないテーマまで、全四十項目を一新。
    緊密に関連づけられた叙述から明晰な認識が導かれる。

    [ 目次 ]
    悪―存在の欠如/関係の解体/“人類を進歩させていく重要な要因”
    アニミズム―生命感覚/アニマティズム/粘菌
    アフォーダンス―現象学/マインドスケープ/表情
    安楽死―消極的安楽死/リビングウィル/自然死
    イスラム―湾岸戦争/モロッコ/ロジェ・ガローディ
    インフォームド・コンセント―術語の翻訳/宝石箱効果/文化の翻訳
    ヴァーチャル・リアリティ―実質性/仮想記憶/マインド・コントロール
    老い―“人生の階段”/平均寿命/老熟
    オートポイエーシス―渦動/動的非平衡系/法システム論
    オリエンタリズム―脱エグゾチズム/イメージの押しつけ/ヘテロトピア〔ほか〕

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 『悪』が一番しっくり来ました。

    悪=関係性の破壊

    確かに。

  • これも言語論の教科書。

  • ファーストがあるからその次もあるだろうという考えに基づいてつくられたもの。

    悪/アミニズム/アフォーダンス/安楽死/イスラム/インフォームド・コンセント/ヴァーチャル・リアリティ/老い/オートポイエーシス/オリエンタリズム/顔/カオス/記憶/共同体/グノーシス主義/クレオール/宗教/儒教文化圏/情報ネットワーク社会/人工生命/人工知能/崇高/世代間倫理/テクネー/哲学/日本的霊性/脳死/恥の文化/ヒトゲノム/秘密金剛乗/ファジー集合/フェミニズム/複雑系/ボーダーレス/ポストモダン/免疫系/物語/弱さの思想/リズム/歴史の終わり

    というかファースト含めてみると、いくつか自然科学からの引用語があるんですね。すみませんね、私を含め理系からすると遥かに知的に劣る人たちが、彼らが創出したタームをしかもシャカイガクとかテツガクとかいう全然「論理的」では無い分野においてしかも歪曲した形で用いてしまって恐縮です。

  • 高3〜浪人時代、各章を400字で要約してました。これによって、基礎知識だけでなく、文章法も学びました。

  • 術語集の続編。こっちの方が現在よく聞く言葉を多く採り上げている気がする。とはいえ、コンセプトは変わらず、ちゃんと意味を理解して使いたい言葉が選ばれていて、すごく勉強になった。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1925年、東京都出身。哲学者。明治大学名誉教授。東京大学文学部卒業後、文化放送に入社。その後、明治大学法学部教授を長く務めた。西洋哲学をはじめ日本文化・言語・科学・芸術などに目を向けた現代思想に関する著書が多数あり、主要著作は『中村雄二郎著作集』(岩波書店、第1期全10巻・第2期全10巻)に収められている。山口昌男と共に1970年代初めから雑誌『現代思想』などで活躍、1984年から1994年まで「へるめす」で磯崎新、大江健三郎、大岡信、武満徹、山口昌男とともに編集同人として活躍した。

「2017年 『新 新装版 トポスの知 箱庭療法の世界』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中村雄二郎の作品

術語集〈2〉 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする