高野長英 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.17
  • (0)
  • (2)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004305125

作品紹介・あらすじ

幕末の蘭学者、高野長英は、「蛮社の獄」で渡辺崋山とともに罪に問われ、脱獄そして自刃という数奇な運命をたどった先覚者として知られる。しかし、長英は何より学問の人であった。著者は、長英の軌跡をたんねんに検証し、強烈な自我を貫きつつ、新たな学問を切り開いた長英の人間像をみごとに浮かび上がらせる。最新最良の評伝。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 生まれてくるのが早すぎたが故に非業の死を遂げたのか、逆に歴史に名を残すことができたのか。

  • この本を読み、四国旅行(宇和島へ)を決心した。

全2件中 1 - 2件を表示

佐藤昌介の作品

ツイートする