特捜検察 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.35
  • (4)
  • (5)
  • (24)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 100
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004305248

作品紹介・あらすじ

政財界中枢の汚職や脱税を追及する東京地検特捜部。「巨悪」をあばく検事集団の活躍はしばしば脚光を浴び、はなばなしく映る。しかし、内実は苦闘の連続で、組織は浮沈をくりかえしてきた。リクルート事件、ゼネコン汚職事件を密着取材した敏腕ジャーナリストが、戦後すぐの特捜部成立から現在にいたる足跡をヴィヴィッドに描く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 知っているようで意外と知らない地検特捜部の活躍振りをロッキード事件を中心に描きつつ、特捜部誕生のきっかけとなった昭和電工事件、また評判を落とした佐川急便事件からリクルート事件、ゼネコン汚職事件、総会屋利益供与事件などを通じて、特捜検事の正義に対する姿勢の真摯さと同時に一組織として正義を貫くことの難しさも同時に感じられました。近時は政界ではなく経済界を相手にした事案が活発な理由がここに垣間見えるかもしれません。

  • [ 内容 ]
    政財界中枢の汚職や脱税を追及する東京地検特捜部。
    「巨悪」をあばく検事集団の活躍はしばしば脚光を浴び、はなばなしく映る。
    しかし、内実は苦闘の連続で、組織は浮沈をくりかえしてきた。
    リクルート事件、ゼネコン汚職事件を密着取材した敏腕ジャーナリストが、戦後すぐの特捜部成立から現在にいたる足跡をヴィヴィッドに描く。

    [ 目次 ]
    1 日本の黒幕
    2 首相の犯罪
    3 特捜部の誕生
    4 国滅ぶとも
    5 不透明な国家

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 特捜部の誕生、ロッキード事件、リクルート事件など特捜検察の主要史を振り返る。第3章の特捜部の誕生が一番印象に残った。この本から読み取れることは特捜検察は出発点から明確な理念に貫かれているというよりはその時々の必要性や成果によって存在を揺さぶられながら一つの典型的な官僚機構として存在してきたことがよくわかる。歴史的経緯から考えれば時に恣意的に暴走するようになったことも決して不思議ではないという印象だ。

  • 検察にとっての正義(活躍)をリアルに語っている。

  •  魚住さんにしては突っ込みが足りないように感じたのは、現場の検事への取材がメインだからだと思う。思索型記者としては、もう少し高所からの視点が欲しかった。
     ロッキード事件あたりで終わってしまったので、ライブドアや佐藤優の事件について、改めて著してください。

  • ジャーナリスト・魚住さん関連

  • 諸事件の概要を、検察側の視点から掴める。
    坦々と述べられていくだけだが、検察がどういう仕組みになっているかということを簡単に理解できる。

全7件中 1 - 7件を表示

魚住昭の作品

ツイートする