商人(あきんど) (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.33
  • (5)
  • (2)
  • (17)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 89
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004305576

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 世の中には、すごいことを、すごいと言わせないような、ほんもののお人がいらっしゃるんだなあ。。。

  • このシリーズ中の最高峰
    商人の世界には世の中の真実がかず多く潜む
    経験を繰り返し、また読むと違う見方が必ず増える
    こういうことが、文書に残され、本当に良かった
    スグ消え無くなりゆく珠玉のことばが心身に染み入る

  • チェック項目13箇所。商売は、約束を守ることで信用をつくることが一番大切です。お客様は常に正しいのです、もし、お客様が間違っているとします、それは間違っていることが正しいのです。わてら商人はお客様に頭を下げているんとちゃいます、お客様のくださるお金に頭をさげてるんですわ、<ようこそ、お越しやす>って……。<安いから買う>じゃいけません、<高くても買う>のが買物です、<欲しいから買う>じゃいけません、<必要だから買う>のが買物です。売場を拡げると品数が増えます、品数が増えると、質にかかわっていられなくなります、そういう店が増えました。ヤーさんというんですか、やくざは経済評論家より目先がききますから、景気のいい町にしかいません、金の動く場所にはかならず群がっています。農作物も、ブルセラも、作った人、使った人の顔が見えるものが、高く売れるんです。以前なら都会にいけないと買えなかった品が、自由に買えるのである、店が無いという商売は新しいわけではない、商売の歴史では、そもそも店は無く、売り歩いていたのだから……。安売りをして儲かるってことは、安売りじゃないってことでしょう、どうしてそこがわからないんでしょう。人間と違って、動物が死んでも気楽なのは……ペットには遺産がありませんから。不景気は最初にデパートで兆しがあらわれてきましてね、最後に来るのがスーパー・マーケットです、オシャレからはじまって食費にきたら……これは本当に不景気です。<安い><高い>で商売していた時代は楽でした、最近の客は<好き><嫌い>ですからね、これはむずかしい商売です。商人の道……農民は連帯感に生きる、安定を求める、安全を欲する、土着を喜ぶ、商人は孤独を生き甲斐にすべては競争者である、不安定こそ利潤の源泉、喜ばねば成らぬ、危険な世界を求めよ、どこからでも養分を吸いあげる浮き草でなければならぬ、他人の道は自分の道ではないというのが商品の道である。

  • 『商人』永六輔。読了。小売だけじゃなく営業マン、これから起業の人は読んで悪くない一冊。下手なハウツーものより、良いかも。久々に寄席を見に行きたくなったわ。

  • 落語的な散文で書かれているが、ややまとまりのない感じ。著者の主張がよくわからない。

  • ----------------------------------------------
    ▼ 100文字感想 ▼ 
    ----------------------------------------------
    あきんどの智恵がぎっちり詰った一冊。永六輔の切れ
    のある語り口が心地いい。マーケティングやコンセプト、
    セールスプロモーションなど横文字を使うより、「ご近
    所づきあいを大切にする商い」と言えばいい。に納得。


    ----------------------------------------------
    ▼ 5つの共感ポイント ▼ 
    ----------------------------------------------

    ■あきんどの心意気、どんなかたちでもいいから、
     客を感動させてください

    ■経済とは経世済民とか経国済民。英語では
     エコノミー。つまり節約なんです

    ■農作物もブルセラも作った人、使った人の顔が
     見えるものが高く売れるんです

    ■屏風と店は、拡げると倒れやすくなります

    ■宣伝は自分じゃ恥ずかしい。それで宣伝屋に頼み
     ます。あの人たちは代理ですから恥ずかしくない

  • 高校生のときに友達に借りた本。ゴメン!まだ返してない!!バイト中よくこの本の言葉を思い出します。

  • 『職人』と『芸人』を読まず、跳んで読んじゃいました。関西に住んでるからか、妙に納得する部分が多いのかも。さすが話し手のプロ★内容も然ることながら、語り方がプロです。

  • 『職人』と『芸人』を読まず、跳んで読んじゃいました。関西に住んでるから妙に納得する部分が多いのかも。さすが話し手のプロ★内容も然ることながら、語り方がプロです。

全9件中 1 - 9件を表示

永六輔の作品

ツイートする