アルツハイマー病 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.38
  • (2)
  • (3)
  • (7)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :36
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004305613

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1998年刊行。著者は東京都神経科学総合研究所参事研究員。◆治療に関しては少し古いかもしれない。

  • [ 内容 ]
    「私はボケたくない」「親がボケ始めた。どうしよう」…。
    原因不明の不治の病として、老年に向かう人びととその家族に恐れられてきたこの病に、今、光が差してきた。
    病気のメカニズム、危険因子を避けることによる予防と早期発見の重要性、そして治療法開発の到達点まで、脳神経科学の最先端の研究成果と事例を踏まえて解説。

    [ 目次 ]
    第1章 アルツハイマー病とは
    第2章 診断と早期発見
    第3章 どんな人がかかりやすいか
    第4章 アルツハイマー病の原因研究
    第5章 アルツハイマー病は治せるか、防げるか
    第6章 「二一世紀の脳」の健康

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 4004305616  226p 1998・5・20 1刷

  • 現在、アルツハイマー病は、世間で多くなっている。アルツハイマー病とは一体何なのだろうか。アルツハイマー病とは、脳の中の神経細胞が異常に早く、多数死んで、ボケ、痴ほう症状を表す病気の一種である。アルツハイマー病は早期発見することがとても大事である。早期発見することで早い治療をすることができある程度直すことができるのである。薬やリハビリで治すようになってきている。だれがいつなっておかしくないので気をつけて生活していきたい。

全4件中 1 - 4件を表示

黒田洋一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マックス ヴェー...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする