肺の話 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.40
  • (1)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004305828

作品紹介・あらすじ

人体で最大の容積をもち、唯一外界に開放した臓器=肺。そのために大気や室内空気中の有害物質の影響を受けやすく、つねにSOS信号を発している。気管支ぜんそく、インフルエンザ、さらに睡眠時無呼吸症候群や肺がん。それらを予防するための暮らし方、SOS信号のよみ方、治療の心得など、肺と上手につきあっていく方法を示す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 肺のことはよくわかりました。
    やはり専門的ですね( ..)φメモメモ

  • 4004305829  241p 1998・10・20 1刷

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1970年金沢大学医学部卒。1975年同大学院医学研究科修了、東京都老人医療センター呼吸器科に勤務。2003年日本医科大学呼吸器内科教授、日本医科大学呼吸ケアクリニック所長。2011年日本医科大学特任教授(呼吸器病学)、日本医科大学呼吸ケアクリニック所長。主な一般向け著書として『肺の話』(岩波新書1998)、『肺の生活習慣病(COPD)』(中公新書2008)、『よくわかる最新医学:COPD慢性閉塞性肺疾患』(主婦の友社2013)ほか。ラジオ、テレビ出演多数。ベストドクターズ認定。

「2017年 『息切れで悩むCOPD』 で使われていた紹介文から引用しています。」

肺の話 (岩波新書)のその他の作品

木田厚瑞の作品

ツイートする