中世神話 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.00
  • (2)
  • (3)
  • (14)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 72
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004305934

作品紹介・あらすじ

伊勢神宮外宮に祀られる豊受大神。イザナギ・イザナミが国生みで使った天の瓊矛。この記紀神話に登場しない神と国生みの呪具を主人公にして、「天地開闢」「国生み」「天孫降臨」の物語が中世的変容を遂げる!中世神話創造の謎を解くスリリングな文献探究。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いま、国文学の世界では、「中世日本紀」に注目が集まっているそうです。奈良・平安の時代までに成立した神話を元に、中世になって解釈、再構成されたテクストが、俄然脚光をあびているのです。それらを総称して「中世神話」と呼び(中世日本紀は厳密にはその一種とされます)紹介、分析していく本書は、まさに現在の中世日本紀ブームの嚆矢といってもいいでしょう。そこには、記紀神話とは驚くほどかけ離れた神々の姿が、展開されています。
    政治、社会、そして土地制度にも見られるように、日本の中世は「混沌」という語がよくその姿を示しているように思いますが、中世の神道をめぐる状況も、その例にもれるものではありませんでした。たとえば、本書で主に取り上げられる「神道五部書」は、伊勢神道の根本文書とされますが、そこには、内宮にたいする外宮の優位を主張するために書かれた、という一般的な説明ではカバーできないような世界が広がっています。そこには、本地垂迹説、密教、そこから派生した両部神道といった、さまざまなファクターが複雑に絡んできます。私のそれまでの「神道五部書」の理解を、本書はきれいに叩き壊してくれました。
    天地開闢、国生み、天孫降臨という3つのテーマを扱う本書ですが、その内容は恐ろしく難解です。それは、あまりなじみのない中世仏教の教説がこれでもかというほど神話に入り込んでくる、という理由もありますが、紹介されるテクストのどれもが、「神仏習合」という一語にはとても収斂できないような、無秩序さと多様さを孕んでいることが一番の原因でしょう。そこにはもはや、あの聞きなれた記紀神話の面影を感じることすらできそうにありません。神社の縁起に、普通に「不動明王」や「牛頭天王」のモチーフが出てくるのです。これを混沌といわずしてなんと表現できるでしょうか。
    しかし著者は本書の最後に大きく方向転換をし、北畠親房の「神皇正統記」を旅の終着点として提示してきます。そこにはそれまでの大混乱がうそのような、天皇につながる一本道のシンプルな神話があるばかり。南朝の正当性を叫ぶために混沌をことごとく排除した、政治性の高いテクストを見ながら本書を閉じるとき、それではいったい中世神話とはなんだったのだろう、という思いにとらわれます。けれど同時に、無秩序と混沌に満ちた中世神話は、裏を返せば、神話を創造するという自由な行為と、語り直しの無限性という側面とを示しているのではないのか。そうも思えてきます。
    一筋縄では理解できないからこそ、そこに魅力がある。著者の強烈なメッセージが、本書全体から発せられているようです。

    (2008年6月 読了)

  • 神仏習合下の中世において語られていた日本神話、所謂「中世神話」を紹介した書。伊勢神道における「天地開闢」、「国生み」、「天孫降臨」の物語を中心に、中世神道が古代(記紀)神話をどのように変換していったのかを概説する。
    本書は、中世神道書などに見える日本神話を具体例を挙げて紹介したものである。主に取り上げるのは伊勢神道系の神話であり、水と葦(霊物)による天地開闢、外宮祭神豊受大神の変容、大日如来の印文発見譚と天の瓊矛の変奏、「杵の王」としての天孫など、記紀神話のテーマを用いながらそれとは異なった神話世界を活写している。これらのエピソードは追っていくだけでも楽しく、豊受大神が本来の神格(御饌の神)を捨てて根源神(天御中主神)として語られていく経過、独鈷や心御柱、果ては創世の物実たる「霊物」となっていく天の瓊矛の様相など、中世神話の多様な側面を見ることができる一書となっている。話が様々な方面に飛びがちな点はあるが、中世神話の世界に触れるには最適の書であるといえる。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1946年生まれ。早稲田大学第一文学部史学科中退。日本宗教思想史専攻。和光大学名誉教授。私塾「成城寺小屋講座」主宰。主な著書に『中世神話』(岩波新書)、『大荒神頌』(岩波書店)、『異神――中世日本の秘教的世界』(平凡社/ちくま学芸文庫)、編著に『諏訪学』(国書刊行会)ほか。


「2018年 『変成譜 中世神仏習合の世界』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山本ひろ子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
マーク・ピーター...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする