科学の目、科学のこころ (岩波新書)

  • 岩波書店
3.30
  • (2)
  • (11)
  • (28)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 153
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004306238

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とても読みやすくて面白かった。科学者と一般人のコミュニケーション以上に、異なる分野の科学者同士のコミュニケーションは難しいのかもしれない。

  • 1999年刊行。著者は専修大学法学部教授(ただし専攻は行動生態学)。雑誌「科学」に寄稿したエッセイ集。敷衍すれば何百頁ものハードカバー書籍が出来そうな多種多様なテーマを簡潔に叙述。性淘汰仮説や生存競争、ハンディキャップ理論等、生物学に関心があれば既知の事項も多いが、大学論、あるいは科学哲学者と科学者との噛み合わせの悪さに関する著者による得心のいく説明など、読破の価値ある一書。ここまで言い切れるかは自信はないが、多くの人が保有することを著者が願う、科学的教養の一端に触れることが出来る書とも言えようか。

  • 元は雑誌に連載のエッセイだっただけあって、短い文章に内容が纏まっていてとても読みやすい。
    科学にさほど興味のないひとにおすすめしたい本。

  • 面白い話も多かったですが、全体的に読みにくい文が多かった印象 

  • 繊細な観察眼と豊かな色彩表現

  • タイトルと内容の整合性に疑問を感じるが、短編の集まりなのですぐに読めた。留学のエピソードや日本の大学の在り方に関する考察は面白かった。

  • 1-1 科学論・科学史

  • 確か高校生の時にふとしたきっかけで著者の存在を知って、それ以来ずっと頭の片隅にはあったが、数年の時を経て、こうしてようやく読む機会が訪れた。雑誌『科学』に掲載された、科学に関するエッセイをまとめたものだ。高校生から大学生の初めころまではエッセイという形式が好きで、よくいろんな人のものを読んでいたが、ここ数年はあまり食指が動かなかった。今こうして久しぶりにエッセイを読むと、やはりあまり面白いと思えるものではなかったのだが、それは内容云々というよりは、一つ一つの話が短く、単純に読み物として物足りないからだろう(エッセイなどの軽い読み物は、やはり電車の移動時間とか、ちょっとした時に読むものであると思いました)。
    著者は、専門は自然科学(行動生態学)だが、社会科学、人文科学などにも関心があるせいか、本書も、科学と社会との関わり、人間との関わりなどにも幅広く言及していて、そのあたりがエッセイを非常に親しみやすいものにしていると思う。
    あとがきにもあるが、著者の主要な関心である「科学とどのようにつきあうべきか、サイエンティフィック・リテラシーと呼ばれるものの基本はどうあるべきか」というのは、勉強としての自然科学が苦手だった僕の関心事の一つでもあります。今後も機会を見つけては自分なりに考えていきたい。

  • 非常に興味深い内容で、示唆に富んでいたように思います。
    なんだか既視感がありましたが。

    以下、引用

    「シェイクスピアのハムレットのセリフを知らないと無教養だと思われるが、熱力学の第二法則を知らなくても無教養だと思われないのはおかしい。ーC・P・スノウ」

    「人間は天使でもなければ野獣でもない。困るのは天使のように振る舞おうと思っている人々が、実は野獣のように振る舞うことである。ーパスカル」

全17件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1952年生まれ。1986年、東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。イェール大学准教授、専修大学教授、早稲田大学教授を経て、現在、総合研究大学院大学副学長。専門は、行動生態学。主な著書に、『雄と雌の数をめぐる不思議』、『進化とはなんだろうか』、『動物の行動と生態』、『ダーウィンの足跡を訪ねて』ほか多数。

「2016年 『人間の由来(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

科学の目、科学のこころ (岩波新書)のその他の作品

長谷川眞理子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マーク・ピーター...
レイチェル カー...
有効な右矢印 無効な右矢印

科学の目、科学のこころ (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする