夫と妻 (岩波新書)

  • 74人登録
  • 3.37評価
    • (3)
    • (4)
    • (9)
    • (3)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 永六輔
  • 岩波書店 (2000年1月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004306542

作品紹介

「もっと粋に生きなくちゃ」-夫婦関係・男女関係の不思議さ、おもしろさをテーマに、ご存じ、六輔辻説法が冴えわたる。辛淑玉さん・中山千夏さんとの対談や、淡谷のり子さんの追悼講演は著者ならではの世界。同時刊行の『親と子』とあわせ、人間関係のタテヨコを縦横に語る紙上バラエティ。西暦二〇〇〇年を期して、六輔ワールド第二幕。

夫と妻 (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • <内容紹介より>
    「もっと粋に生きなくちゃ」ー夫婦関係·男女関係の不思議さ、おもしろさをテーマに、ご存知、六輔辻説法が冴えわたる。辛淑玉さん·中山千夏さんとの対談や、淡谷のり子さんの追悼講演は著者ならではの世界。同時刊行の「親と子」とあわせ、人間関係のタテヨコを縦横に語る紙上バラエティ。西暦二千年を期して、六輔ワールド第二幕!

    ーーーー
    男は「女になれなかった」者である、とのこと。
    たしかに、〝サオ〟や〝タマ〟の裏には筋がありますが、もともと胎児はみんな〝ワレメ〟があって女として育つのだとか。成長の過程で割れ目が塞がってとんがって、ナニになる。
    だから、男は「女になりそこなった」者として、「女として生まれた」女性には敬意を払いましょう、ということ。
    女の人がニコニコしていることを「平和」という、ということも非常に印象的でした。
    戦争を始めるのは男で、その時に涙するのは女。

    読み進める中で、「女……まあ、私の場合は妻」を泣かせない、という、〝平和〟に向けた努力を惜しまないようにしよう、と強く思いました。

    ただ、『嫁と姑』に比較して、分析的な部分が少なかったことや、淡谷のり子を中心とした昭和芸能界の話が多く、その分野についての知識が貧弱でいまいち楽しめない部分も少なくなかったです。

  • 2000.11.21 ~ 23 読了

  • 永六輔さんて、すっごい魅力的な人!

  • 本の整理をしていたら出てきた。永さんの直筆サイン入り。多分今は亡き渋谷の旭屋書店(現在はブックファースト)で買ったものだと思う。
    それなりの年になった今読むといろいろ味わいがある文章。若いころ買ってはみたものの読みさしてしまったのもわかる。

  • 【資料ID】28761
    【分類】367.3/E39

  • 本屋で見つけてなんとなく手に取った作品。
    最初の語録にはとても納得した。
    対談の部分は夫と妻というタイトルには少しかけ離れていたと思うところもあったが総じて面白い作品であった。「大往生」も読んでみようと思う。

  • [ 内容 ]
    「もっと粋に生きなくちゃ」―夫婦関係・男女関係の不思議さ、おもしろさをテーマに、ご存じ、六輔辻説法が冴えわたる。
    辛淑玉さん・中山千夏さんとの対談や、淡谷のり子さんの追悼講演は著者ならではの世界。
    同時刊行の『親と子』とあわせ、人間関係のタテヨコを縦横に語る紙上バラエティ。
    西暦二〇〇〇年を期して、六輔ワールド第二幕。

    [ 目次 ]
    1 まずは―「もう、女じゃなくて、人間を演じたいわ」
    2 つまり―「呪文に左右されちゃダメ」
    3 そして―「自然はとてもよくできている」
    4 やはり―「惚れているときの歌は生きてます」
    5 むかし―「相互乗り入れがいちばんいいのよ」
    6 最後に―「淡谷のり子さんはいい女でした」

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 「夫と妻」この本を読んで私は夫婦の間でもいい関係を保つためには礼儀やマナーなどが必要だと思います。夫婦というのは楽しいことだけではなく、悲しいことがある時も一緒に乗り越えられるのが夫婦で、その夫婦の感情が長く持つではないでしょうか。子ともの時からお父さんとお母さんのおかげで、あたたかい家庭内で育つことができました。夫婦の関係というのは特に子ともたちに大きな影響を与えるものです。信頼を持って夫婦お互いに気をつけなければなりません。私も結婚したら幸せな家庭を作りたいと思います。

  • 2007.8/14-15
     語録&対談という形式。普通の文章の方が読みやすい。ただ淡谷のり子さんの話は興味深い。戦時中もドレスを着ていたとか、死ぬとき倒れる練習をしたとか。もっと知りたいと思った。

全9件中 1 - 9件を表示

永六輔の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スペンサー ジョ...
三浦 しをん
村上 春樹
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

夫と妻 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする