私とは何か (岩波新書 新赤版 (664))

著者 :
  • 岩波書店
3.30
  • (4)
  • (4)
  • (16)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 125
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004306641

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 私であって、私でない私。

    「おじぎをする」というのは、自分を無に落とし込むことらしいです。

  • [ 内容 ]
    「我は我なり」という。
    その「我」とは、一体どういう存在か。
    自身の立つ場所しか眼に入らず、その情念に身を任せてはいないか。
    あるいは反対に自分を失って周囲に阿(おもね)ることばかりしてはいないか。
    そして自分を無にして「他者」に開かれるとき何が起こるのか。
    西田、漱石、ルターなど東西の例を検証しつつ「私とはなにか」という問題に迫る。

    [ 目次 ]
    私とは何か?
    間奏曲-「有る私」と「無い私」
    自我と自己
    立って「我」・座して「我なし」
    実例-ルター、山川登美子、山頭火、方哉、片山広子、西田幾多郎.
    コギト
    私と汝
    自覚と自意識
    無我ということ
    「私の個人主義」と「則天去私」-夏目漱石の場合

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 後半は難解。

    「我は、我ならずして、我なり」という基礎概念が前半で丁寧に説明されている。

    これは、間奏曲〜「有る私」と「無い私」を読むと一層わかる。

    「私」について考えられる一冊。

全5件中 1 - 5件を表示

上田閑照の作品

私とは何か (岩波新書 新赤版 (664))を本棚に登録しているひと

ツイートする
×