西遊記―トリック・ワールド探訪 (岩波新書 新赤版 (666))

著者 :
  • 岩波書店
3.23
  • (2)
  • (3)
  • (20)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 68
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004306665

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『西遊記の秘密』とかぶる内容がいっぱいあったけど面白かったよ。ただ、山場は「はじめに」の三蔵の人物説明のとこやな。

    西遊記って内容そのものを読解するよりも、構造とか構成とかそーゆーのを論理的に読み解いていくほーが楽しいんだろか。

  • 前半は面白いんだけどねえ…

  • [ 内容 ]
    孫悟空など登場人物のイメージから、西遊記は荒唐無稽な作品と思われがちだが、はたしてそうだろうか。
    西遊記の全体構造がもつ極度の論理性、抽象性に注目した著者は、五行、易、錬金術などの思想を基に、三蔵法師玄奘をめぐる伝説、説話、物語本、遺跡などにのこる図像資料を駆使して、西遊記にひそむ仕かけを解き明かしてゆく。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 西遊記を知ってる人なら読むべきです。

  • 2005年4月6日

全6件中 1 - 6件を表示

中野美代子の作品

西遊記―トリック・ワールド探訪 (岩波新書 新赤版 (666))を本棚に登録しているひと

ツイートする