生活習慣病を防ぐ―健康寿命をめざして (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
2.60
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004306795

作品紹介・あらすじ

超高齢化社会を迎える二一世紀。高血圧症、脳梗塞、心筋梗塞、糖尿病、骨粗鬆症、がんなど、生活習慣から起こる病気にかからずに健康な身体で天寿を全うするためには、どのようなことに注意すればよいのか。肥満や高血圧、高脂血を防ぐための具体的な食事や運動から、これらの病気の原因、遺伝子治療を含む最先端の治療法までを詳述する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 資料番号:010786945
    請求番号:493.1/カ

  • 新鮮味なし。

  • 内容は専門家らしく難しく書かれているが、
    一般人が知りたい情報としては、すでに世にある情報と変わりなし。
    要は他のメディアでもあげられているように、規則正しい生活をせよってこと。

  • やはり、1次予防が大事

  • 生活習慣病は、自分たちにとって無視できない病気です。いつかかるか分からなくて心配ですので、この本を読んで生活習慣病について少し知りたいと思い読みました。自分は生活習慣病については、糖尿病・がん・高血圧症ぐらいしか知らなかったのですが、他の病気についても知ることができました。この本によれば、次の項目数が多い人ほど、疾患の罹患率が少なく、寿命が長いそうです。?適正な睡眠時間?禁煙をしない?適正体重の維持?過度の飲酒を避ける?定期的にかなり激しい運動をする?朝食を毎日食べる?間食をしないの七つです。自分は三つしかあてはまらなかったので、気をつけたいと思います。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

女子栄養大学 副学長。
東京大学医学部医学科卒業。信州大学医学部教授、自治医科大学教授、女子栄養大学大学院教授などを経て現職。自治医科大学名誉教授。専門は生化学・分子生物学・人体栄養学。
著書に、『食べる量が少ないのに太るのはなぜか』幻冬舎刊、『なぜ午後6時の夕食は太らないのか? 時計遺伝子ダイエット』集英社刊、『科学が証明する 新・朝食のすすめ』女子栄養大学出版部刊、『今すぐ始めよう! 早起き早寝朝ごはん』 共著 少年写真新聞社刊、『時間栄養学 時計遺伝子と食事のリズム』編著 女子栄養大学出版部刊。

「2016年 『げんきいっぱい あさごはんのじゅつ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

香川靖雄の作品

ツイートする