女性労働と企業社会 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.34
  • (3)
  • (6)
  • (18)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :102
  • レビュー :13
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004306948

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 必要に迫られて読んだので、読了に時間を要した。先進国OECDの中で、2000年時点で日本の法律や雇用形態がこんなにも遅れている事に驚愕した。未だに払拭されない問題である事に根深さを感じる。

  • 11月25日『OLの日』この一冊

  • 現代社会でもなお女性特有の働きにくさは存在します。その原因を考える際の出発点となるような本です。

    [配架場所]2F展示 [請求記号]080/I-3 [資料番号]2002113333

  • 10年以上前の著作とはいえ、現代社会で労働する女性たちの置かれている環境や心境を具体事例とデータを用いて詳細に記述している。自分と照らし合わせると、仕事で向上心を燃やすほど、家庭との両立の難しさや仕事内容のきつさから、管理職よりもスペシャリストを目指そうとする女性が多いとの指摘に納得した。男女の仕事内容の差はまぬがれ得ないのかという問題と共に、自分自身がその論理を利用して嫌な仕事をまぬがれてスペシャリストになりたいという気持ちがあることがリンクしている。個人的課題として、、社会がスペシャリスト型女性を容易に受け入れる態勢に基本的になったいないのだから、スペシャリストになりたいなら自分で目標を具体化しながら受け入れられる場所を探して上手く道をつくっていかねばならないと思った。

  • [ 内容 ]
    専門職、OL、増える派遣社員やフリーター、深夜勤やフルタイムの仕事までこなすパートタイマー…改正「均等法」の下、能力主義管理の進む中で、女性の働き方はますます多様化している。
    変らぬ職場の性別役割意識に不満をくすぶらせながらも、働き続ける彼女たち。
    その実像を豊富なデータで描き出し、性差別に対抗する戦略を提言する。

    [ 目次 ]
    1章 女性労働をみる視点(女性労働―到達の地点 私の関心と方法)
    2章 企業社会のジェンダー状況(女性労働者の分布 五つのライフヒストリー ほか)
    3章 「男の仕事」・「女の仕事」(「女性の特質・感性」とはなにか 性別職務分離の職場 ほか)
    4章 女性たち自身の適応と選択(ジェンダー意識の一般状況 専門職とOL―若い女性たち ほか)
    5章 ジェンダー差別に対抗する営み(職場の性差別に対抗する思想 職場の性差別に対抗する手段 ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 女性を差別しないでください

  • ■日本型能力主義が女性差別を生みだしているということがよくわかった。

  • わたしは、女性だから、これから生きていくうえで、社会に出て男性と同じように働くことは難しいと感じられるから、この本を選びました。

  • 卒論

  • 企業社会において、女性の労働はどのような位置づけか?男女平等なんてありえるのか??


    細かい事例もときたま紹介しているけど、どっちかっていうとマクロの一般論って感じ。
    事例ばっかり集めて感情的になるのではなく、いろんな角度から分析していて冷静な視点で描かれていて、面白かったー。


     
    昔は女は結婚退職までの「腰かけ」の仕事で数年勤めればよかった。性別によって採用区分が違っていて、男の仕事を女が補佐する形だったこと。では今は??

    今も男の仕事を女が補佐する形はあまり変わっていない。建前上は性別によって、採用・昇進に差をつけてはならない。
    だが「能力主義・結果主義」の名のもとに、結局女性のほうが昇進しにくいのだ。
    それは男は結果が見えやすい仕事を割り振られるのに対して、女は「必要だけど数値化しづらい」、結果が見えにくい仕事にばかりつかされているから。

    そしてそれは仕事にも性別(?)が割り振られているのではないかと。
    「きつい」「闘争的」「汚れ仕事」などなど、「前線」で働くのは男の仕事。
    後者は「気配りが要求される」、「細かい仕事」などのいわゆる「女性ならでは」の仕事。つまり補佐的業務を「女性に向いている」としておしつけている。

    結局「性別で差別してはいけません」⇒「性別じゃないよ、『能力』に応じた仕事を割り振って、それに見合った処遇を行っているんだよ」って理屈が通っちゃうのかぁ・・・


    あと「能力主義」社会における「能力」=夜中も土日も働ける能力をさすらしい。
    すなわち女性は家庭のこともやらなければならない=どうしても勤務時間に制約が出る=就かせる仕事にも制約が出る=昇進が遅いのは仕方ない。
    という論法。


    でもこれってさ、「仕事と家庭の両立」なんて女にだけ押し付けられているってことじゃん。男も女も働くなら、男も同等に家事やれって思うww
    二人とも忙しくてやり切れないなら、外部に委託するって選択肢もありだよね。
    女が働くには「家事と育児に支障をきたさない範囲で」旦那の許可をもらってから、なんて話も当然のようにあるしね。


    そして今も女性を看板としかみていない企業がたくさんあるんだよね。銀行は美人=受付、ブス=金庫番…と客から隠すらしい。
    不動産会社もあまり女を採用しない。ただ会社側の事情からすると、土地の利権が絡んで、ヤクザが乗り込んでくるために、仕事によってはやはり強面の男に任せたいらしい。(土地の下見をしていたらヤクザに追っかけられたりとか!!)
    これは単純に女性差別だとはいえないよなー、でもなんだか腑に落ちないんだよなー・・・。


    だけど女の人皆がバリバリ働くのを望んでいるわけではないし、難しいなぁ。

全13件中 1 - 10件を表示

熊沢誠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

女性労働と企業社会 (岩波新書)はこんな本です

女性労働と企業社会 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする