情報公開法入門 (岩波新書)

著者 : 松井茂記
  • 岩波書店 (2000年11月20日発売)
3.17
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :23
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004306979

作品紹介

2001年4月、いよいよ情報公開法が施行される。民主主義を活性化するためには、この新しい制度を最大限利用しなければならない。情報公開法とはどのような法律であり、どういう情報に対して、どうすれば公開請求ができるのか。その基本的な考え方と仕組みを条文に沿って分かりやすく説明する、入門書の決定版。

情報公開法入門 (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 情報公開法成立の3年前に書かれた本。市民の生活にかかわる重大な情報がアメリカの情報公開法により暴露される。その例として1989年1月の東電福島第二原発三号炉レベル2の事故が日本の説明とアメリカで公開された情報の違いがわかる。このように政府が重大な情報を秘匿するのを阻止するために30年以上かけて成立した情報公開法が活用されず、また情報を秘匿する法案が通ってしまったことにとまどいを隠せない。

  • 法律の勉強してないと難しいと思うなあ

全2件中 1 - 2件を表示

松井茂記の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
J・モーティマー...
デール カーネギ...
マーク・ピーター...
有効な右矢印 無効な右矢印

情報公開法入門 (岩波新書)はこんな本です

ツイートする