原発事故はなぜくりかえすのか (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
4.03
  • (25)
  • (27)
  • (20)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 253
レビュー : 37
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004307037

作品紹介・あらすじ

日本中を震撼させたJCOの臨界事故をはじめ、数々の原子力施設の事故から明らかになった国の政策や原子力産業の問題、技術者の姿勢を問い、これからの科学技術と人間のあり方を考える。生涯をかけて原発問題に取り組み、ガンで逝った市民科学者・高木仁三郎が闘病中に残した最後のメッセージ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 非常に読みやすい。

  • あえて、今、岩波新書の故・高木仁三郎さんの遺作を手にしたのは、原発事故や原子力というテーマが、私の頭からずっと消えていないからだと思います。
    読み進めるほどに、彼の言葉は、予言のように、3.11から発生する重大な事故への警告を感じました。

    科学者の立場で、当時から、危険性を予見できた人。予測不可能な事故ではなく、原子力を扱う難しさ、課題の多さ、など、もっと、我々が理解し、議論をしなければいけなかったことに、反省させられます。
    誰が悪い!という理屈だけではなく、真実を知らないまま、知ろうと努力しなかった結果、将来世代にも、重い十字架を背負わせていることは、忘れてはいけないと実感しました。

    高木仁三郎さんの著作を、しばらく、継続的に読みたくなりました。

  • 2000年に亡くなった市民科学者として反原発を貫いた高木さんの本。JOCの臨界事故やチェルノブイリを参考に書かれた本で、3.11以前に書かれたものにかかわらず、その示唆するところが非常に的確な事に驚かされる。中曽根元総理による原子力の導入の歴史に始まり、物理屋さんが化学屋さんに比べて如何に原子力について知らないか、その扱いが如何に恐ろしいかを説き、それを扱う倫理観にまで及ぶ内容。3.11以後に書かれた安易な反原発本とは一線を画す。201410

  • (2003.07.11読了)(2003.07.04購入)
    (「BOOK」データベースより)amazon
    日本中を震撼させたJCOの臨界事故をはじめ、数々の原子力施設の事故から明らかになった国の政策や原子力産業の問題、技術者の姿勢を問い、これからの科学技術と人間のあり方を考える。生涯をかけて原発問題に取り組み、ガンで逝った市民科学者・高木仁三郎が闘病中に残した最後のメッセージ。

  • 名著。私は事故が起こるまで、良いものではないけどそれなりの平和があればなんとか人間が管理できなくはないだろうと思っていました。これを読んで原発には廃炉を目指してもらいたいし、なるべく原発のないところで暮らしたいというスタンスがはっきりできました。

  • 2000年に出版され、その直後に高木氏はガンで亡くなった。
    まさに生涯かけて反原発の道を貫いた人である。
    中学生にでもわかる平易な文章だが、故人の信念が伝わってくる。

    読み終わって思うのは、日本の文化というのは、原発のような巨大なエネルギーを扱うには、リスク管理の面からも技術革新の面からも、適していないんじゃないか?ということである。原発のような危険を伴う産業には安全をどう確立するか、という問題が常に意識されるべきだが、この安全を守るということができないのである。

    原発産業に特徴的な土壌、つまり、「議論なし、批判なし、思想なし」、というのはまさに日本の社会文化そのものだ。リスクのないようなところでやってるならいいけれど、原発のように市民全体の健康を脅かすような危険を伴う巨大産業でこんなことやってたら、安全を守ろうという姿勢は生まれないのである。安全を目指すには、リスクを想定しないといけないわけで、最悪の場合を想定して研究を重ねるしか安全な技術は確立できない。でも、日本のやり方は、衝突を避け、嫌なことは見ないようにするわけだから、
    建設的な研究はできないのである。

    日本の原発は安全とか、日本は技術大国ですとか、どれだけ言われてきたことか。
    技術というのは、手先が器用なだけじゃだめなんだってことが、今回の事故でよくわかった。思考のないところに発展はない、ってことだ。
    日本は戦後、60数年かけていったい何を学んだのか。結局、外側だけ作り変えても中身はそんな簡単に変わらないのだった。

    高木氏の言うように、とにかく、原発は危険が大きすぎるからやめて、危険の少ない自然エネルギーにしましょう、というのがこれからの正しい道のような気がする。採算がどうのとか、いつまでも言ってないで。事故が起こったときの危険性を考えたら原発はやめたほうがいい。単純な発想だけど、それでいいんじゃないか。

  • 放射化学を勉強する必要性を感じた。

    出版は著者が亡くなった後とのこと。

    口述筆記だったという。

    論述の内容はその通りだ。

    具体的にどうするとよいかが見えてなかった。

  • 今から12年前、福島原発から11年前に書かれた、高木仁三郎の遺書である。化学者の放射能の扱いに比べて物理学者の放射能の扱いがいい加減ということが他の本にも書かれていない。
     3.11について卒論で書こうとする学生にとって、その原発推進組織がどのようなものであったかを知るためには避けて通れない本であろう。

  • 原発事故を生む精神的土壌にまで踏み込んでいる

    公共性とはなにか、アカウンタビリティーの本来の意味は何なのか、それをどう日本や日本人は履き違えているのか、ということに言及した哲学書だと思う。

  • JOCの臨界事故の後に出版されたこの本では
    原発事故を引き起こす理由を明解にしてくれる。
    著者は元原発の技術者だけに、
    企業内部や現場での状況に詳しい。

    そもそも原発はアメリカの技術をコピーしたものに過ぎず、
    ブラックボックスも多いので企業内での
    自発的な安全性の追求がむつかしく、またその気もない。
    その予算規模や事故時の想定賠償額の大きさから
    単独企業ではリスクが大きすぎ、国が主導した
    寄り合い所帯となるので互いの、
    あるいは設計と現場の間の意思の融通に欠ける…。
    など、構造的に問題を抱えている。

    政府、電力会社、メーカーの、誰も責任を取らなくていい
    システムが、福島の惨状にまっすぐに繋がっている。

    既に予言されていたことが、いとも簡単に起きてしまった。

    残念である。

全37件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1938年、群馬県生まれ。東京大学理学部卒業。日本原子力事業株式会社核化学研究室勤務、東京大学原子核研究所助手を経て、1969年から東京都立大学助教授。1970年、科学同人誌『ぷろじぇ』に参加。1972~73年、マックス・プランク核物理研究所客員研究員。1973年、東京都立大学を退職。1975年に独立系研究所として原子力資料情報室の設立に参加し、1986~98年に代表を務めた。1997年、ライト・ライブリフット賞を受賞。2000年10月、癌のため死去。専門は核化学。理学博士(東京大学)。
○主な著書:
『現代の博物誌 プルートーンの火』社会思想社、1976年。
『危機の科学』朝日選書、1981年。
『元素の小辞典』岩波ジュニア新書、1982年。
『核時代を生きる』講談社現代新書、1983年。
『巨大事故の時代』弘文堂、1989年。
『原子力神話からの解放』光文社、2000年(講談社+α文庫、2011年)。
『原発事故はなぜくりかえすのか』岩波新書、2000年。
『高木仁三郎著作集』全12巻、七つ森書館、2001年‐2004年。

「2014年 『市民の科学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

原発事故はなぜくりかえすのか (岩波新書)のその他の作品

高木仁三郎の作品

原発事故はなぜくりかえすのか (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする