公益法人―隠された官の聖域 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.20
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004307266

作品紹介・あらすじ

KSD事件を契機に注目を集める公益法人。総数は二万六千を超え、官との癒着やその不透明性から天下りと利権の温床とも批判されている。はたして公益法人とはどのような組織なのか、どこに問題が潜んでいるのか?気鋭のジャーナリストが、肥大化する「見えない政府」の知られざる実態に迫る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 処分

  • [ 内容 ]
    KSD事件を契機に注目を集める公益法人。
    総数は二万六千を超え、官との癒着やその不透明性から天下りと利権の温床とも批判されている。
    はたして公益法人とはどのような組織なのか、どこに問題が潜んでいるのか?
    気鋭のジャーナリストが、肥大化する「見えない政府」の知られざる実態に迫る。

    [ 目次 ]
    1 公益法人問題とは何か(いわゆる「特殊法人改革」の経緯とまやかし;取り残された公益法人改革 ほか)
    2 肥大化する「見えない政府」(電波行政がつくった社団法人;問題公益法人を類型化する ほか)
    3 知られざる実態(奇妙な法人―休眠法人;幽霊法人も一二〇〇近くさまよう ほか)
    4 設立・運営を巡るさまざまな手法(法によらずに「通達」で利権;法によらず「告示」で利権 ほか)
    5 根治のための処方箋(主務官庁制を廃止する;NPOと扱いを同一に)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 適当に手に取ったこの一冊…

    読めば読むほどこの国というか官僚の公益を振りかざした暴れん坊ぶりに嫌気がさした
    特に天下り。公正な価格で働くならまだしも、これでは官僚の腰掛法人といわれても仕方がない
    次にNPOの税制をもっと緩和すべき。理由が公益性の判断の難しさというのは論外

    とはいえ自分はあんまり税金払ってねえけど

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1942年 12月東京生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。共同通信経済部記者、ニューヨーク特派員などを経て、フリーのジャーナリスト。
2005年4月から08年3月まで東北公益文科大学大学院特任教授(公益学)。 公益法人問題、公務員制度、特別会計などに関し、これまで参議院厚生労働委員会、同決算委員会、同予算委員会、衆議院内閣委員会で意見を陳述。
07年11月から08年3月まで参議院行政監視委員会で客員調査員。10年12月「厚生労働省独立行政法人・公益法人等整理合理化委員会」座長として、報告書を取りまとめた。
主な著書に『公益法人 隠された官の聖域』(岩波新書)、『官僚社会主義 日本を食い物にする自己増殖システム』(朝日選書)、『静かな暴走 独立行政法人』(日本評論社)、『亡国予算 闇に消えた「特別会計」』(実業之日本社)、連詩『ナショナル・セキュリティ』(思潮社)、近著に中小企業小説『町工場からの宣戦布告』『小説・特定秘密保護法 追われる男』(産学社)。訳書に『リンカーンの三分間 ゲティズバーグ演説の謎』(ゲリー・ウィルズ著、共同通信社)。日本ペンクラブ会員。現代公益学会理事。

「2016年 『小説・非正規 外されたはしご』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北沢栄の作品

ツイートする