日本政治 再生の条件 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
2.91
  • (0)
  • (0)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004307327

作品紹介・あらすじ

権力を私物化してきた巨大与党と、迫力不足がめだつ野党。国会審議は空洞化し、メディアの政治批判も鈍い。「変革」を掲げる政権に政治閉塞の打破が期待されているが、根深い利権構造を前に先行きは不透明だ。一方で、地方では市民社会のうねりが見られる。議員や知事らに日本政治の現状を問い、民主政治を立て直す真の条件を提示する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [ 内容 ]
    権力を私物化してきた巨大与党と、迫力不足がめだつ野党。
    国会審議は空洞化し、メディアの政治批判も鈍い。
    「変革」を掲げる政権に政治閉塞の打破が期待されているが、根深い利権構造を前に先行きは不透明だ。
    一方で、地方では市民社会のうねりが見られる。
    議員や知事らに日本政治の現状を問い、民主政治を立て直す真の条件を提示する。

    [ 目次 ]
    序章 日本政治の失われた十年
    第1章 危機の政党政治(自民党は変われるのか;国会の変質、野党の無力;メディアから見た政党政治)
    第2章 経済危機と政治空白(なぜ政治は不況に無力なのか;誤りつづける経済政策)
    第3章 市民政治への展望(地方からの市民革命;有権者が市民になるとき)
    おわりに 再生の条件とは何か

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 10年ほど前の本ではあるが、様々な路線の政治家たちの考え方をまとめて読むことができるためになる本

  • 自民党政治の問題点、2001年当時。

    利益政治への埋没、権力の私物化、言葉の融解、責任転嫁の政治。

    対して、市民社会のうねりがおこりつつあるとする。

    キーパーソンへのインタビュー集。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

法政大学法学部教授・行動する政治学者
1958年生まれ。東京大学法学部卒、北海道大学法学部教授、同大学院公共政策学連携研究部教授などを経て、2014年より現職。最初の著作『大蔵官僚支配の終焉』(岩波書店)により、自民党と財務省による政治・行政支配の構造・実態を暴き、1990年代から2000年代に続く政治改革の深い底流のひとつを形作る。2009年の民主党政権成立をめぐっては、小沢一郎、菅直人、仙谷由人各氏らとの交友を通じて政権交代に影響を与える。立憲主義の立場から安倍首相を痛烈に批判、「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」の結成にかかわる。

「2018年 『圧倒的!リベラリズム宣言』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山口二郎の作品

ツイートする