学問と「世間」 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.20
  • (5)
  • (6)
  • (30)
  • (1)
  • (3)
本棚登録 : 162
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004307358

作品紹介・あらすじ

日本で、個人と社会の間にあって個人の行動を大きく規制している「世間」という存在を学問の世界に焦点を当てて論じた学問論。生活世界=「世間」を学問の対象とすることを説いたフッサールに拠りながら、国民から遊離した大学の学問の現状を批判的に考察し、生涯学習を中心とした現場主義による学問の再編成を提言する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 第1章 日本と西欧における人文科学の形成―「世間」と個人
    第2章 日本の学問の現在
    第3章 フッサールの学問論と日本の「世間」―“生活世界”の発見
    第4章 日本の学問の課題―“生活世界”の探究

    著者:阿部謹也(1935-2006、千代田区、西洋史学者)

  • 「世間」→「教養」と続く3部作のようだが、テーマが「学問」になってしまったので、アカデミズム寄りの大学教育改革という小さな話になってしまった。これは著者の置かれた立場が思想への影響を及ぼした結果と言えるだろう。著作の論拠としてフッサールを持ち込んだのは唐突感があり、少々繋がりも悪い印象。その後世間学は盛り上がりに欠け、他方教養主義は様々な立場を巻き込んだ論争となっている。世間と教養は共同体を語る上で密接に絡む重要なテーマであり、両者の関係性の精査や検証が今後行われる事に期待したい。

  • 2001年刊。西洋の社会哲学・社会学を対置して、日本社会の特徴、特に著者お得意の「世間」の存在を基底とし、西洋的枠組みに囚われすぎな従前の「学問」を批評しつつ、世間、すなわち生活世界(日常生活)に即した学問の在り様を模索検討する書。◆人文科学の大学教育のあり方、教養教育のあり方に関し、日本社会の負の特徴から切り込む件は十分納得いく内容。ところが、西洋的学問の基礎たる客観・主観分別論の辺りから?。特に、刑法社会学?の佐藤直樹氏の論の紹介が、舌足らずな叙述内容と相俟って、誤読・誤解してるか?との疑念が湧く程。
    流石にそれはないだろうが、客観主義刑法理論は、戦前の問題点の克服や、裁判の立証命題からの要求という実務・現実に依拠し、これを無視した書きぶりでは、学者の戯言と言われかねないレベルに堕す危惧。◆また日本の学問の課題に関し、教養における批評・批判能力、建設的な対案作成能力、漸進的・革新的な改善作業能力に触れず、これらを軽んじるかの如し。かかる能力の形成・遂行に必要な情報の総体を教養と見る観点からは、本書の教養の内実の結論が牧歌的に過ぎる感。◆×ではないが、自ら補強しつつ味読すべき書か。著者は共立女子大学学長。

  • 請求記号:I/002/A12
    選書コメント:
    日本の大学における学問は西洋からの輸入であることが多く、それが故に日本の実際の社会状況とそぐわないことも少なくない。欧米と異なり、特に「世間」というしがらみに囚われがちで「個」が確立していない日本人のあり方に目を向ける必要があること、かつ各分野の横断的交流や欧米の学問の引き写しでない現場主義的な学問の必要性を述べている。また学ぶ姿勢として「第一に、いかなる学知も、いかなる書物も軽んじないこと。第二に、どんな人から学ぶことも恥ずかしがらないこと。第三に、学知を獲得した暁にも、他の人々を蔑まないこと」(p.24)等が書かれている点でも興味深い本である。
    (環境創造学部環境創造学科 大杉由香 教授)

  • 著者は、まず西欧的な個人が執筆する論文と現実社会の世間に乖離があると指摘している(p.17)。これは割に重要だろう。本書の主張とやや離れるかもしれないが、この2つの各区域で活動する際には、「乖離」の存在を了解しておくこことで、それぞれの活動がしやすくなるのではないかと思った。

  • 浅羽通明の本のついでに。

  • 近代的システムと歴史的・伝統的システムのダブルスタンダードが問題だということはもちろん理解できたが、生涯学習のくだりはよくわからなかった。

  • 凛とした「個人」や「公共性」の確立を目指した日本の近代的知性の陥穽は「世間」という視点によって抉り出される。最後は急に雑になっているが、世間と学問の架け橋として家政学を謳っていることはユニーク。しかし、日本に「個人」はいるのか、とはなかなかにえげつない、だからこそ根本的な問いである。少なくとも、著書の一連の著述で、丸山昌男的啓蒙主義は終わる。

  • [ 内容 ]
    日本で、個人と社会の間にあって個人の行動を大きく規制している「世間」という存在を学問の世界に焦点を当てて論じた学問論。
    生活世界=「世間」を学問の対象とすることを説いたフッサールに拠りながら、国民から遊離した大学の学問の現状を批判的に考察し、生涯学習を中心とした現場主義による学問の再編成を提言する。

    [ 目次 ]
    第1章 日本と西欧における人文科学の形成―「世間」と個人(日本の人文社会科学者たちはどのようにして養成されてきたか;西欧における個人の起源と人文諸科学の展開)
    第2章 日本の学問の現在(日本の学問の形と教養概念;人文諸科学は他の学問とどのような関係をもっているか ほか)
    第3章 フッサールの学問論と日本の「世間」―“生活世界”の発見(フッサール現象学における“生活世界”とは何か;“生活世界”の刑法学 ほか)
    第4章 日本の学問の課題―“生活世界”の探究(家政学の現在;“生活世界”の中の教養 ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • フッサールの「生活世界」概念を援用して来る辺りに新味があった.

    [エドムント フッサール『ヨーロッパ諸学の危機と超越論的現象学』]読んだかどうだか自分でも判然とせぬ.合間をみて目を通しておこう.

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1935年生まれ。共立女子大学学長。専攻は西洋中世史。著書に『阿部謹也著作集』(筑摩書房)、『学問と「世間」』『ヨーロッパを見る視角』(ともに岩波書店)、『「世間」とは何か』『「教養」とは何か』(講談社)。

「2002年 『世間学への招待』 で使われていた紹介文から引用しています。」

阿部謹也の作品

学問と「世間」 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする