漂着船物語―江戸時代の日中交流 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004307464

作品紹介・あらすじ

江戸時代、鎖国以後も長崎には中国船が頻繁に往来して、日中間には日常的な交流があった。なかには、漂流して日本各地に漂着する船もあり、詳細な資料が残された。その中から、興味ぶかいエピソードを取り上げ、江戸時代の日中交流の実像にせまる。

大庭脩の作品

ツイートする