狂牛病―人類への警鐘 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.67
  • (2)
  • (4)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004307594

作品紹介・あらすじ

最近、日本でも発生が確認され大きな衝撃を与えた狂牛病、そしてそれが人間に感染したと考えられる変異型クロイツフェルト・ヤコブ病は、死にいたる病ということで、ヨーロッパの人々を恐怖につきおとした。狂牛病はなぜおこったのか?現地取材や研究者へのインタビューをふまえて、その社会経済的な影響、現代文明における意味を考える。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これも久々に読み返しました。

  • 2001年刊行。著者は明治大学客員教授。

  • [ 内容 ]
    最近、日本でも発生が確認され大きな衝撃を与えた狂牛病、そしてそれが人間に感染したと考えられる変異型クロイツフェルト・ヤコブ病は、死にいたる病ということで、ヨーロッパの人々を恐怖につきおとした。
    狂牛病はなぜおこったのか?
    現地取材や研究者へのインタビューをふまえて、その社会経済的な影響、現代文明における意味を考える。

    [ 目次 ]
    第1章 恐怖の始まり
    第2章 狂牛病とは?
    第3章 大混乱のイギリス
    第4章 不安はヨーロッパ大陸へ
    第5章 クレアさんの死
    第6章 クウエニブル村の悲劇
    第7章 大丈夫か?現代の食
    第8章 揺れるヨーロッパ農業
    第9章 狂牛病・日本上陸の衝撃
    第10章 人類への警鐘

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • ここ最近、不幸なことに口蹄疫、鳥インフルエンザが話題となってしまいました。

    しかし約10年前、口蹄疫や鳥インフルエンザと同等以上の衝撃を与えた伝染病がありました。

    たった10年で、人はあの衝撃を忘れてしまうものです。

    狂牛病や口蹄疫をはじめとした家畜の伝染病は過去のことではありません。

    国民一人一人がこのことを忘れずに、問題意識を持ち続けることが重要なのかもしれません。

  • 狂牛病についての知識があまりなかった自分にとって、狂牛病の経緯・社会背景を知ることができた。また人間に感染し、変異型のクロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)をもたらすことの恐ろしさを認識した。狂牛病が世界的な社会問題となる所以を理解できた。狂牛病は「異常プリオン蛋白質」が原因と考えられているようである。本書で多く引用されている「死の病原体プリオン」(リチャード・ローズ)も、今後読み進めていきたいと思った。

全5件中 1 - 5件を表示

中村靖彦の作品

ツイートする