武玉川・とくとく清水―古川柳の世界 (岩波新書 新赤版 (791))

著者 : 田辺聖子
  • 岩波書店 (2002年6月20日発売)
3.83
  • (2)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 14人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004307914

武玉川・とくとく清水―古川柳の世界 (岩波新書 新赤版 (791))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 渡邊十絲子さんオススメの新書の一冊。
    この本を読んで、どうやら自分は川柳というものを誤解していたことに気づかされた。
    筆者も書かれているように、古川柳は「俗に堕さず、高踏的ではあるけれど、人間のたたずまいのおかしみを衝く、世故たけた眼」で作られた美しい詩句だったのである。

  • [ 内容 ]
    『武玉川』(むたまがわ)とは、江戸の俳諧連句の付句(つけ)のうち秀作を集めて編んだもの。
    ご存じおせいさんがその中より佳句を選りすぐり、軽妙な筆致で読みときつつ、スケッチの如くに、江戸に暮らす人びとの生活の機微を描き出してゆく。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全2件中 1 - 2件を表示

田辺聖子の作品

武玉川・とくとく清水―古川柳の世界 (岩波新書 新赤版 (791))はこんな本です

武玉川・とくとく清水―古川柳の世界 (岩波新書 新赤版 (791))を本棚に登録しているひと

ツイートする