カラー版 メッカ―聖地の素顔 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.76
  • (10)
  • (6)
  • (18)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 79
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004308072

作品紹介・あらすじ

百万人の巡礼がカアバ神殿を廻るイスラーム世界の求心点メッカ、預言者の廟墓の地メディナ。ともにムスリム以外の入域を厳しく拒む。写真家は自らムスリムとなって、二つの宗教都市の素顔を撮った。みずみずしい映像と撮影記録はまた、石油に支えられた原理主義王国サウディアラビアの、矛盾をはらむ実像をも活写する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1964年生まれ写真家が2002年に刊行した、イスラーム聖地を取材した紀行文・写真集。

  • 2013.10.26

    とてもおもしろい
    イスラームの授業はこれを参考に作ればよい
    神の徴はここから
    アッラーとは人間の総意かな?と思った 終わりに より

  • 2013.7.3

  • メッカに巡礼する、巡礼者の写真に圧倒される。

  • イスラム文化の国に長い間滞在したことがないので、いまだに理解できていないムスリム。
    イスラム文化圏は、アジア南部とアフリカ北部を占めているとのこと。

    本書では、メディナとメッカの風景と宗教施設を説明している。
    全体を通して、イスラム文化の理解の手がかりは偶像崇拝が禁忌だということだと感じました。ユダヤ教、キリスト教との共通部分も感じました。
    また、仏教との類似点もみつかりそうな気がしました。

  • ナウシカのドルクの御所はここからとったんだね。
    しかし、その御所(カアバ)に入るとはすごい。
    中にはとくに何も無いというのが偶像崇拝を禁じるイスラム教。

    中心があるようで無い。ネットみたいだな。

  • 信者以外は立入禁止、信者でも写真を撮ったら怒られる・・・
    そんな場所を日本人カメラマンが記録しました。
    自ら、イスラム教に改宗してのぞんだだけあって、本当に心をゆさぶる写真です。
    人が何かに向かっている姿・・・圧倒されます。
    お手軽な新書サイズです。

  • イスラームへの入り口に。
    写真美、引用されているコーランも美。今度挑戦してみます。

  • とにかく写真に驚愕する。
    こんな光景が本当に現実に存在するのかと目を疑わずにいられない。
    特に日本人にはあまりにも縁遠いから、衝撃は並ではない。。

  • メッカに異教徒は入ることができない。
    カメラマンである著者は、イスラム教徒に改宗してメッカへ向かった。
    イスラム教徒の巡礼について、とても詳しく書かれている。
    写真も美しい。

全13件中 1 - 10件を表示

野町和嘉の作品

カラー版 メッカ―聖地の素顔 (岩波新書)に関連するまとめ

ツイートする