遺伝子とゲノム―何が見えてくるか (岩波新書)

著者 : 松原謙一
  • 岩波書店 (2002年11月20日発売)
2.80
  • (0)
  • (2)
  • (9)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :36
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004308157

遺伝子とゲノム―何が見えてくるか (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ゲノム研究で欠かすことのできない研究者、松原謙一先生の著書。研究者が何を考えているか、専門知識がない方にもわかりやすいと思います。

  • 【資料ID】17913
    【分類】467.3/Ma73

  • 難しかったので全ては理解していない。DNAは解読されようとしていて、そこから新たな新薬や研究が発展するだろうという展望があることがわかった。

  • 記録用:04年度生物学Bレポート

  • 高校の時国語の先生に進められた一冊。興味がなかったもんでギブアップ。

全6件中 1 - 6件を表示

松原謙一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘミングウェイ
村上 春樹
リチャード・ドー...
フランツ・カフカ
村上 春樹
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

遺伝子とゲノム―何が見えてくるか (岩波新書)はこんな本です

ツイートする