日本の色を染める (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.08
  • (0)
  • (2)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 53
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004308188

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 10.4.28~10.5.30

  • 図書館所蔵【753.8YO】

  • 紅花で艶やかな赤を染め、紫根から深い紫を取り出す。色を重ね、その微妙な変化を楽しむ。飛鳥・天平の美や『源氏物語』の世界は、その繊細な色彩感覚と高い染織技術を抜きにしては語れない。数々の古代植物染の復元に取り組んできた著者が、実作者ならではの眼を活かして読み解く、日本の色と衣と染の歴史。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1946年生まれ。染織史家。「染司よしおか」五代目当主。「植物染」を専門に、日本の伝統色の再現に取り組む。東大寺、薬師寺など寺社行事に用いられる道具や装束などを制作。平成21年京都府文化賞功労賞。平成22年日本古来の染色法による古代色の復元、寺社等の伝統行事、国文学、国宝修復など幅広い分野への貢献が認められ、第58回菊池寛賞。「日本の色辞典」「源氏物語の色辞典」「王朝のかさね色辞典」(いずれも紫紅社)「日本人の愛した色」(新潮選書)「日本の色を染める」(岩波新書)など著書多数。

吉岡幸雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
フランツ・カフカ
有川 浩
村上 春樹
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

日本の色を染める (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする