介護保険―地域格差を考える (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.33
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004308201

作品紹介・あらすじ

本格的な高齢化社会をむかえ、介護保険制度がスタートして三年。だが、地方自治体による介護サービスには地域によって大きな差があり、これをどう考えるかが喫緊の問題となっている。民間事業者、NPOなどの活動も視野に入れつつ、充実したサービスにむけて努力する自治体の現場をルポし、市民のための介護システムを追求する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (「BOOK」データベースより)
    本格的な高齢化社会をむかえ、介護保険制度がスタートして三年。だが、地方自治体による介護サービスには地域によって大きな差があり、これをどう考えるかが喫緊の問題となっている。民間事業者、NPOなどの活動も視野に入れつつ、充実したサービスにむけて努力する自治体の現場をルポし、市民のための介護システムを追求する。

  • [ 内容 ]
    本格的な高齢化社会をむかえ、介護保険制度がスタートして三年。
    だが、地方自治体による介護サービスには地域によって大きな差があり、これをどう考えるかが喫緊の問題となっている。
    民間事業者、NPOなどの活動も視野に入れつつ、充実したサービスにむけて努力する自治体の現場をルポし、市民のための介護システムを追求する。

    [ 目次 ]
    第1章 介護サービスの地域格差とは?(介護保険制度が導入されるまで 介護保険とは何か 介護保険導入後にみる地域格差の実態)
    第2章 地域格差と向き合う市町村(生涯にわたる安心を目指す―東京都品川区 公共性を守るのが使命―埼玉県所沢市 福祉サービスの狭間で―千葉県鎌ケ谷市 民間活力を導入―兵庫県神戸市)
    第3章 地域格差の時代を生き抜くために(より良い市町村とは何か 地域格差に負けない方法)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全3件中 1 - 3件を表示

中井清美の作品

ツイートする