鞍馬天狗 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.17
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004308515

作品紹介・あらすじ

鞍馬天狗は日本人がもっとも親近感をいだくヒーローの一人であろう。生涯に一八一人の人を斬っているが、斬り方や斬る意識が時代によって変わっていく。鞍馬天狗が人を斬る目的は何だったのか、人を斬ることを反省したことはなかったのか。シリーズ四七本の全作品を読みぬいて、これら鞍馬天狗をめぐる謎を解き明かす。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [ 内容 ]
    鞍馬天狗は日本人がもっとも親近感をいだくヒーローの一人であろう。
    生涯に一八一人の人を斬っているが、斬り方や斬る意識が時代によって変わっていく。
    鞍馬天狗が人を斬る目的は何だったのか、人を斬ることを反省したことはなかったのか。
    シリーズ四七本の全作品を読みぬいて、これら鞍馬天狗をめぐる謎を解き明かす。

    [ 目次 ]
    1 鞍馬天狗と遊ぶ(人を斬る;敵を殺せ;一度死んだ鞍馬天狗;人を殺してはいけない)
    2 鞍馬天狗の歴史観(攘夷;鞍馬天狗の歴史性;討幕;鞍馬天狗の革命観;鞍馬天狗と明治)
    後書―アラカンの映画「鞍馬天狗」について

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/4004308518
    ── 川西 政明《鞍馬天狗 20030821 岩波新書》
     

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1941年大阪市生まれ。文芸評論家。小社編集者として『埴谷雄高作品集』『高橋和巳作品集』を世に出す。著書『わが幻の国』で平林たい子文学賞、『武田泰淳伝』で伊藤整文学賞受賞。他の著書に『謎解き「死霊」論』『文士と姦通』等がある。

「2016年 『大岡昇平 文学の軌跡』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川西政明の作品

ツイートする