都市と日本人―「カミサマ」を旅する― (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.27
  • (2)
  • (4)
  • (14)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 67
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004308546

作品紹介・あらすじ

都市とはなんだろう。それは「カミサマのいる場所」のことだった。では「カミサマ」とはなにか-吉備に太古の国造りを見、古代と近代の「宮城」の意味を探り、現代の「鎮守の森」の役割を考えながら、探索の旅は続く。ユニークな視点と平明なことばで綴る、著者の多年にわたる都市研究のエッセンス。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「相い似たものどうしのあいだに「エーテル」が伝わるのだ。」という非科学的な断言が最初の方に出てきたので、どうなることやらと思いながらも読み進めて行くうちに、この人の言う「カミサマ」なら信じてもいいかな、と洗脳された。歴史や文化の勉強にもなるし、面白い本だと思う。ただ、上の引用文を見てもわかるように「どうし」とか「あいだ」とか「つづく」とか、あえて平仮名で残してある単語が多くて読みにくい部分もあった。それでもこの人の他の本も読んでみたいと思えた。

  • [ 内容 ]
    都市とはなんだろう。
    それは「カミサマのいる場所」のことだった。
    では「カミサマ」とはなにか―吉備に太古の国造りを見、古代と近代の「宮城」の意味を探り、現代の「鎮守の森」の役割を考えながら、探索の旅は続く。
    ユニークな視点と平明なことばで綴る、著者の多年にわたる都市研究のエッセンス。

    [ 目次 ]
    はじめに―世界の都市と神さま
    「吉備の穴海」って何だろう?―古代の国土開発
    皇居の中に入ったことがありますか?―都城と宮城
    東寺の塔はなぜ倒れないか?―平安仏教と商業
    鎌倉の切通しを見る―中世の城の明暗
    京町家に住みたい―町衆と氏神さま
    安土山に「永遠の都」がつくられた―戦国武将の神殿
    東京の鎮守の森はなぜなくならないのか?―森と人間の共生
    京都の小学校になぜ火の見櫓があるか?―江戸の町組から明治の学区へ
    甲子園球場になぜ人が集まるか?―私鉄と郊外の発達
    大雪山は北海道のカミサマだ―日本の水資源の構造
    むすび「山見の聖軸」をかんがえる

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 都市とは「カミサマ」のいる場所。では、カミサマとは何か?これが「神様」ではなく「カミサマ」と記されているのがポイントで、住人の精神性を支えている何等かをして、「カミサマ」と称している。西から北まで様々な土地が紹介され、それぞれに「カミサマ」を探して、その土地の史観を語るというちょっと変わった風土記。

  • 3冊

  • 日本の都市を「カミサマ」でとらえなおしてみるお話。



    古代の国造り、鎮守の森、天守閣と城下町など、

    ゾーニングや都市公園制度などの論理が通じない

    日本独自の都市のあり方が浮かび上がってくる。



    何気なく、経済と車社会にあわせようとしても

    なんだかうまくあわない部分は、

    「カミサマ」で見るとわかりやすいかも。

全6件中 1 - 6件を表示

上田篤の作品

都市と日本人―「カミサマ」を旅する― (岩波新書)に関連するまとめ

都市と日本人―「カミサマ」を旅する― (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする