シナリオ人生 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.88
  • (2)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (209ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004309024

作品紹介・あらすじ

ドラマは人生だ。どちらも発端、葛藤、終結の三段階で構成される。著者は、貧乏と戦争とさまざまな不幸に加え絶えざる研鑽ののちにそれに気づく。現像場の便所の落し紙に印刷された脚本を熟読し、小津安二郎、溝口健二、内田吐夢らの映画つくりから直接学んだドラマと人生の核心。九二歳にして初心をふりかえる人生的エッセイ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人生というものは
    思わぬところから変わるもの。
    破産という一大事がなければ
    彼はシナリオライターにもならなかったし
    映画監督にもならなかったわけで。

    決して彼は順風満帆だったわけではないのです。
    脚本ではなくて、美術畑の人として
    スタートしたのですから。

    そして、いざシナリオを書くにしても
    師匠から「これはシナリオではありません」と
    無碍もなく言われてしまうのです。
    その時のショックはあまりあるでしょう。

    だけれども彼のすごいところは
    映画の世界に入る時もそうですが、
    スイッチが入ったら真っすぐ、どこまでも
    なところですね。
    そのひたむきさ、真剣さが今の地位を
    育てたのでしょうね。

    そして、映画は3つの段階に分かれるそうで。
    有名な映画もそう、
    それが収まりがいいのかもね。

  • 何歳になっても現役であり続けるということはなかなかできないものだと思います。92歳にて現役の映画監督である新藤さんの、映画屋として駆け出しの頃のエッセイ。小津・溝口両巨匠のエピソードや、戦時下の日本が批判でも郷愁でもなくただ淡々と語られていきます。ただ一箇所、久慈さんこと奥様の話の部分は哀切を感じずにはいられませんが。
    小津さんも溝口さんも60歳で亡くなってますし、やっぱり新藤さんはただ者ではないのだな…と改めて痛感。80歳過ぎてベットシーン撮る人ですものね。新藤さん監督の「ふくろう」は最高でした。

全2件中 1 - 2件を表示

シナリオ人生 (岩波新書)のその他の作品

シナリオ人生 (岩波新書) Kindle版 シナリオ人生 (岩波新書) 新藤兼人

新藤兼人の作品

ツイートする