性転換する魚たち―サンゴ礁の海から (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.62
  • (3)
  • (7)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 68
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004309093

作品紹介・あらすじ

オスからメスへ、そして再びメスからオスへ!?ホンソメワケベラやクマノミなど、サンゴ礁にすむ魚たちは、社会的環境などにより、当然のように「性転換」を行う。行動生態学者である著者は、三〇年にわたり、この不思議な行動の謎を追ってきた。謎の解明は新たな謎をよび、尽きることなく研究は続く。魚たちが教える「性の不思議」。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ハナダイ,ベラ,クマノミ,だけでなく,ほかのいろいろな魚の性転換のしくみを,研究方法と合わせて知ることができる。文字になってるとさらっと読んじゃうけど,魚の研究って体力勝負だよなー。

  • われわれ人間にとっては性の壁は越えがたいものとして厳然とあるが、
    ある種の魚たちは、オスからメスへ、あるいは、メスからオスへと、
    必要に迫られて性転換するという話で、豊富な事例が示され、なかなか面白かった。
    性の垣根は、環境の変化によっては乗り越えられるらしい。魚たちにとってはそれも珍しいわけではなさそうだ。
    話題になったディズニーの映画「ニモ」の主人公、あの可愛いカクレクマノミも性転換をするという。
    ご覧になった方はご存知だが「ニモ」では、夫婦で卵を守っていたところ、獰猛な敵に襲われ、母親は食べられてしまい、卵もたった一つだけが助かる。それがニモで、この無事に孵化した息子を父親が育てるのだが、ある日ニモがダイバーに捕まり持ち去られてしまう。そこで父親はニモ探しの旅へと出かける、という設定の冒険アニメ。
    この話、性転換をするクマノミ類としてはかなり事実に反するらしい。
    まず、母親がいなくなると、父親がやがて性転換してメスになってしまうはずだという。
    それに、卵から孵化した稚魚は浮き上がって流されていってしまうから、イソギンチャクで一緒に住むようになった稚魚は、母親が生んだ卵からかえった稚魚ではありえなく、どこかで生まれて流れ着いた稚魚と入れ替わっているはずだ、と。
    しかも、稚魚の段階ではオス・メスの区別はまだなく、ニモを男の子とする根拠もない、とのこと。
    つまりは、「ニモだと思って育てていた息子だか娘だかまだわからない養子の子どもをさらわれて、いつのまにかお父さんから性転換したお母さんがニモを探しに行った」となり、「探しあてた暁には、父親から転換した母親と、オスに成長したニモは夫婦になる」はずだと。
    カクレクマノミの性の実態に即せばそういうことにならざるを得ないらしい。

    何億年という進化のプロセスのなかで、この性転換する魚たちのことと、その延長としての哺乳類としての人類とのあいだの、その距離の近いとも感じ、また遠いとも感じさせてくれるユニークな書だ。

  •  魚たちの性転換。サルの社会を研究するつもりだった。固体識別しながら社会関係を明らかにするのだ。研究対象を魚に変えた。海に潜ってホンソメワケベラを観察し、固体識別しながら社会関係を明らかにしようと。オスはグループに一番大きい個体一匹だけ。ホンソメワケベラが性転換するという論文はすでに発表されていた。どうして性を変えるのか不思議だった。

  • [ 内容 ]
    オスからメスへ、そして再びメスからオスへ!?
    ホンソメワケベラやクマノミなど、サンゴ礁にすむ魚たちは、社会的環境などにより、当然のように「性転換」を行う。
    行動生態学者である著者は、三〇年にわたり、この不思議な行動の謎を追ってきた。
    謎の解明は新たな謎をよび、尽きることなく研究は続く。
    魚たちが教える「性の不思議」。

    [ 目次 ]
    1 魚たちの性転換―ホンソメワケベラとの出会い
    2 性とはなにか
    3 魚類の配偶システム
    4 性転換の進化理論
    5 ダルマハゼの謎を解く
    6 逆方向の性転換
    7 性はどのように決まるのか

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 一部のさかなが人生のうちに一度かそれ以上性別を変える。まず行動から、そして形質も。その状況を探る研究者たちの格闘のようすが興味深い。中段ではダーウィンの進化論(自然選択と性選択)や、性と生殖のしくみ、現代の進化生物学の状況がわかりやすく説明されている。

全7件中 1 - 7件を表示

桑村哲生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リチャード・ドー...
有効な右矢印 無効な右矢印

性転換する魚たち―サンゴ礁の海から (岩波新書)に関連するまとめ

ツイートする