ルポ 戦争協力拒否 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.00
  • (1)
  • (1)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 30
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004309277

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 吉田敏浩『ルポ 戦争協力拒否』岩波新書、読了。イラク派兵を背景に今から9年前に出版されたが、そのリアリティが増していることに戦慄する。戦争協力の強要は自衛隊員だけではない。苦悩する家族、戦地へ出張を命じられる会社員、封じられる反戦の意志等々…戦争ができる国は国民全体を巻き込む。

    ルポと銘打つように積み重ねた取材が本書の山場。自衛隊員は命令を拒否できるのか、戦地出張の実態、異論を許さない空気。「戦争のできる国」になるとは、誰もが加害者になることだ。気分でなし崩しに動くこの時代、一人ひとりの意思表示の重みが増している。

    「戦後の日本は、加害者になることでその報いとして被害者にもなるという歴史を、二度と繰り返さない道を歩むはずではなかったか」。自分たちの利益や安全のためなら、他国の人々の命を犠牲にしても「やむをえない」発想から脱却することが必要か。

  • タイトルと岩波新書から想像されるとおりの内容。

    なお、本書で擁護している立川反戦ビラ配布事件の被告は最高裁上告棄却で有罪確定。言論の自由に住居不法侵入は含まれてないので当然のこと。

  • [ 内容 ]
    イラクへの自衛隊派遣、有事法制の成立-。
    戦争のできる国へと変容しつつある日本で、いま様々な形で「戦争協力」が進行している。
    戦地への出張を命じられる会社員、封じられる反戦への意志、派遣命令に苦悩する自衛官と家族など、その実態を浮き彫りにし、日本が再び戦争加害者とならないためにできることは何かを問う渾身のルポ。

    [ 目次 ]
    第1章 戦争のできる国へ(イラク戦争と日本 日本も加害者 ほか)
    第2章 自衛隊員は命令を拒否できるか(戦地に赴く自衛隊員 覚悟を迫る国家 ほか)
    第3章 有事体制を拒否する人びと(有事法制の本質 危機感を深める労働者 ほか)
    第4章 自由にものも言えない社会に抗して(ビラ配布で逮捕 なぜかれらだけが ほか)
    第5章 戦争の加害者にも被害者にもならない(広がるイラク派兵違憲訴訟 平和的生存権 ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 現代日本がいかに将来的に戦争ができるように外堀を埋めていっているかについてわかりやすく時代を追って書かれている。
    自衛隊のイラク派遣、それに伴う自衛隊・その家族の心境、自衛隊組織そのものの問題についても言及している。


    書き途中

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

吉田敏浩(よしだ・としひろ)/1957年、大分県臼杵市生まれ。明治大学文学部卒。ジャーナリスト。『森の回廊』(NHK出版)で、大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。著書に、『北ビルマ、いのちの根をたずねて』(めこん)、『生と死をめぐる旅へ』(現代書館)、『ルポ 戦争協力拒否』(岩波新書)、『反空爆の思想』(NHKブックス)、『密約 日米地位協定と米兵犯罪』(毎日新聞社)、『人を“資源”と呼んでいいのか』(現代書館)、『赤紙と徴兵』(彩流社)、『沖縄 日本で最も戦場に近い場所』(毎日新聞社)など多数。

「2016年 『「日米合同委員会」の研究』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉田敏浩の作品

ツイートする