環境考古学への招待―発掘からわかる食・トイレ・戦争 (岩波新書)

著者 : 松井章
  • 岩波書店 (2005年1月20日発売)
3.42
  • (1)
  • (9)
  • (16)
  • (0)
  • (0)
  • 82人登録
  • 9レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004309307

環境考古学への招待―発掘からわかる食・トイレ・戦争 (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 進路支援図書「はたらく人びと」
    2009/9/4更新 022号 紹介図書
    http://www.nvlu.ac.jp/library/workers/workers-022.html/

  • 古き良き新書の趣を残した真面目な本。
    ちょっとずつつまみ読みするにも適しているように思う。

    本筋ではないけど、研究者が恩師を偲ぶ文章ってなんか好きだなあ。本書もそんな部分があって、ちょっと、グッと来たりする。

  • 考古学と聞いて始め思い浮かべるのは、巨大な都市遺跡と墳墓、その豪華な調度品や副葬品であったりする。そして自分たちは、ほとんどロマンチックな感慨でもって、在りし日の栄華に思いを馳せる。しかし、そこに人々の生活のリアルな匂いは無い。目にとまる人口遺物の傍らに放られている、わずかな動物の骨や木片、植物の種子や花粉、そんな雑多な自然遺物にこそ、実はそこに住んだ人々の生活の匂いが染み付いているのだ。文献史学、動物学、植物学、昆虫学、寄生虫学、生化学等々、遍く学問を動員した試行錯誤の積み重ねが、在りし日の生活の匂いを甦らせる。例えば、光合成の仕組みの違いから生じる炭素同位体の割合のわずかな差から、栽培されていた植物を探り、またその植物を食べて育ったであろう動物の骨に含まれる同位体の偏在で、それが野生のイノシシなのか、家畜化された豚なのかを判別しようとする(遺伝子では決定的な判別ができない)くだりなど、存分に興奮させられる。そう、それこそ本当にロマンチックではあるまいか。

  • 【資料ID】23507
    【分類】202.5/Ma77

  • 発掘調査で何を調べどう分析するのかというところはなかなかわからないところでしたが、本書を読んで環境考古学という学問の存在を知り、遺跡からわかるさまざまなことに驚きました。特に記憶に残っているのは、縄文人だとかにはほぼ100%寄生虫がいたということですね。いやんなりますね、昔の時代はやはり大変なんです。

  • [ 内容 ]
    貝塚で発掘された骨のかけらから縄文人の食生活を推理し、遺跡の土の分析から古代のトイレをつきとめる―文献史学、動物学、植物学、生化学、寄生虫学などの研究成果を生かして、埋もれた過去の暮らしを明らかにする環境考古学の、豊富な成果を紹介しよう。
    日本各地と欧米のフィールドで知的なスリルに満ちた探索が繰り広げられていく。

    [ 目次 ]
    第1章 食卓の考古学
    第2章 土と水から見える古代
    第3章 人、豚と犬に出会う
    第4章 牛馬の考古学
    第5章 人間の骨から何がわかるか
    第6章 遺跡保存と環境

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 遺跡から発掘されたモノから、当時の生活がどのようなもので
    あったのか推理していく、いわゆる考古学のお話。

    知識を得る本というよりかは、純粋に知的好奇心を満たす本である。

    動物の骨のかけらから当時の生活がどのようなものであったのか、
    どのような交易があったのかを論理的に推理していく過程は、
    知的好奇心を刺激され非常に興味深く、そんなことまでわかるのか
    ということまで、導き出している(真偽のほどは不明だが)。

    しかし、このようなことがわかるようになるには、気の遠くなるような
    分析が必要であるわけで、本のページにすると高々 200 ページの
    内容だが、その裏ではすさまじいほどの努力があったのだろう。
    地道に情熱を持って研究を続けられた筆者に尊敬の念を抱かずにはいられない。

  • つまりは、ケンカとゴハンとウンコの話。

    国内以外のお話ものってて興味深かった。

  • 大学の受験対策(小論文)で買った。

    考古学って土器とかばっかりじゃなくて、
    地面の成分を見たり、骨を見ることもするんだぜ、
    的なことが書いてある。

    こてこてな専門書ではなく、コラム的に気軽に読める。

全9件中 1 - 9件を表示

松井章の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
鈴木 公雄
遠藤 周作
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

環境考古学への招待―発掘からわかる食・トイレ・戦争 (岩波新書)はこんな本です

環境考古学への招待―発掘からわかる食・トイレ・戦争 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする