中国激流―13億のゆくえ (岩波新書 新赤版 (959))

著者 :
  • 岩波書店
3.35
  • (3)
  • (5)
  • (23)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 75
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004309598

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2005年刊。著者は神田外語大学助教授。元外務省国際情報局専門分析員。少し古いが、中国の問題点を、数多くの実例を付記し丁寧に解説。問題点とは、地域・業態格差とその拡大。党役員の腐敗、そして、腐敗是正のための制度の不備と運用不全。三権、特に捜査権・司法権の独立の不存在、その要因たる共産党独裁の機能不全。御用商人と党役員との癒着、マスメディアの機能不全など。内容は新奇とは言いがたいが、開発独裁の時期を過ぎ、経済的自由、競争ルールの確立と遵守の方途の必要性、一党独裁・計画経済からの脱却の可否が今後を占うとする。
    何より丁寧な実例紹介が他書の追随を見ない。新書なのに読み応え十分なのが岩波らしいところ。

  • [ 内容 ]


    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 読み終わる前に図書館返却してしまいましたが、切なく激しい中国の現状が書いてあります。

  • 開発で土地の立ち退きが問題になっているとは聞いていたけれど、これはあまりにもかわいそう。賄賂体質も想像以上にひどい。これから中国、どうなっていくのでしょうね。

  • 中国について、どちらかというとリスク面を強調した内容。しかし、何万人も農民が餓死したりしてるしね・・まだまだいろんな問題を抱えている、中国は。

  • 幅広い情報なのに読みやすい。反日問題や腐敗した政治、1作目「現代中国」と変わらず、ワイドショー的なネタがてんこもり。中国についてこれから知りたい、という人にとって、とても取り掛かりやすい内容だと思う。

全7件中 1 - 7件を表示

興梠一郎の作品

中国激流―13億のゆくえ (岩波新書 新赤版 (959))を本棚に登録しているひと

ツイートする