森鴎外―文化の翻訳者 (岩波新書 新赤版 (976))

著者 :
  • 岩波書店
3.13
  • (0)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 32
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004309765

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なかなかおもしろかった。
    鴎外が、日本の読者になじむように創作したり内容を削ったりして翻訳していたこと、史伝に自分のアイデンティティを探していたことなどなど。
    軍医という実学の現場にいた鴎外が翻訳にも携わっていたことの不思議。

  • 配置場所:摂枚新書
    請求記号:910.26||N
    資料ID:95050519

  • [ 内容 ]
    軍医として多忙を極める生活の中、鴎外は「即興詩人」「ノラ」をはじめ文学関係の著作の半分以上を占めるほど数多くの翻訳を行った。
    文豪の作品を翻訳という観点からたどり「文化の翻訳者」であった鴎外の現代的意味を考える。

    [ 目次 ]
    第1章 そこにはいつでも「原作」があった――ドイツ三部作
    第2章 鴎外とアンデルセン――文化の「翻訳」
    第3章 口語文章体と西洋新思想の日本化――「翻訳」から創作へ
    第4章 仮面をつけた翻訳者――「訳者」であり「役者」であること
    第5章 歴史小説の世界――方法としての「翻訳」
    第6章 小説から史伝へ――「翻訳」からの飛躍
    終章 鴎外の遺書――最後の「翻訳」

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1946年生まれ.コペンハーゲン大学博士課程修了(比較文学・日本近現代文学).コペンハーゲン大学DNP特任教授.

「2016年 『デンマーク人牧師がみた日本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

長島要一の作品

ツイートする