人物で語る物理入門 (上) (岩波新書 新赤版 (980))

著者 :
  • 岩波書店
3.61
  • (6)
  • (16)
  • (17)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 149
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004309802

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ◆きっかけ
    ブログ「知は力なり」2013/12/3記事で紹介されていて。2017/2/27

  • 学生時代含めもう少し学ぶということ、物理について追求していたらな、と反省。

  • 久しぶりに物理の本を読みました。おもしろい。自分の本拠地にもどったような気分です。もちろん今では数式が並んでいたりすると、閉口してしまうのですが、本書は物理学を作り上げてきた人たちの生き様を盛り込みながらの記述になっているので、本当に楽しく読むことができました。著者自身があとがきで書かれていますが、物理学ほどおもしろいものはない、だからそれを一般の人にも伝えたい、そういう思いで本書を執筆されたそうです。その目的は十分に達成されていると言えるでしょう。もっとも、私自身、少しは物理をかじっており、特に科学史は自分なりにも本を読んで楽しんできた人間ですので、理科嫌いの人たちにもこのおもしろさが伝わるかどうかは微妙なのですが。さて、著者は日本を代表する、女性物理学者の一人といえると思います。たぶんだからこそ、下巻第11章キュリーとマイトナーの記述には特に力が入ったのではないかと思います。歴史を通しての物理入門書にはアインシュタイン「物理学はいかに創られたか」や朝永振一郎「物理学とは何だろう」が有名ですが、その横にしっかりと並べておきたい2冊だと思います。

  • 今周りが理系ばかりなものだから「まったく歴史を知らない奴め」というと「お前は物理を知らないだろ」と返されるのが悔しくて勉強しようと。しかし化学とか生物って面白い入門書がたくさんあるのに物理って全然ないなぁ。これもあんまり印象に残らなかったしなぁ。

  • 日経新聞、私の履歴書執筆の物理学者米沢富美子先生の物理学者紹介本。難しい数式なし。

  • マクスウェルってヤバいのね。

  • 面白かったです。名前だけ知っている人、法則とかに名前が付いている人。それは一体どんな人物だったのか。伝記形式(列伝?)でサクサク進むのでお堅そーな内容の割に読んでいて楽しかったです。アインシュタインが素敵すぎる!

  • [ 内容 ]


    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • <上巻>2007.11.30~12.6 読了
    <下巻>2007.12.10~19 読了

  • 物理学史を人物ごとにまとめた本。
    かなり基礎的な内容で分かりやすいです。

全14件中 1 - 10件を表示

米沢富美子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
マーク・ピーター...
有効な右矢印 無効な右矢印

人物で語る物理入門 (上) (岩波新書 新赤版 (980))を本棚に登録しているひと

ツイートする