世界の音を訪ねる―音の錬金術師の旅日記 (岩波新書)

著者 : 久保田麻琴
  • 岩波書店 (2006年4月20日発売)
3.45
  • (5)
  • (9)
  • (11)
  • (2)
  • (2)
  • 67人登録
  • 14レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004310112

作品紹介

すべての音楽の背後には歴史があり、人々の息遺いがある。いま、世界で一番ホットな音楽の現場はどこなのか。あらゆる偶然の出会いが重なって生まれる音とは?国際色豊かで柔軟性のある新しい音楽を精力的に探求し続けるワールド・ミュージック界の仕掛け人が、音楽誕生の源をたどる。岩波新書初の付録CD付き。

世界の音を訪ねる―音の錬金術師の旅日記 (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1949年京都生まれのミュージシャン・音楽プロデューサー。70年代から日本の音楽シーンを引っ張てきた筆者が、柔軟性のある新しい音楽を精力的に探究してきた「ワールド・ミュージック」旅行記。タイトルに惹かれ、購入しました。

    知らない楽器やリズム・アーチストばかりで、タブレットで検索しながら読み進めました。綴られている音楽の社会的な状況や時代背景など十分に知らないままだった訳ですが、音楽の持つ広く深いものを改めて感じた思いです。自分の音楽ライフが広がりました。

    どんな分野にも共通することだと思いますが、自分の知っている世界が狭いという限界を理解し、様々なことに興味を持ち続けることが新たな発見やつながりを生むのだと思います。これからも、素敵な音楽に出会いたいです。

    おすすめの一冊です。

  • 岩波新書初の付録CD付き!です。
    入ってる曲は1曲でアレンジが違う3バージョン。
    著者(ミュージシャン、音楽プロデューサー)の事は存じ上げず、タイトルとCD付きに引かれて借りました。民族音楽ぽいのはちょっと好きなので。
    目次見て行き先がブラジル、モロッコ、シンガポール、スリランカってのはわかってましたが、なんとなく旅行先の音のある風景日記みたいなのかな~と。

    ……違いました。ワールドミュージックレポートと対談でした。
    知らない横文字(英語ではない)の洪水です(^_^;)
    わー何言ってるかわから~ん。
    対談も、(爆笑)となってる部分意味さっぱりわかんないし、後書きによればツボを押さえた進行らしいのですが、丁々発止っぽくしてるように見えて、なんか、音楽雑誌のライブレポートとか、男性誌の対談とか、芸能レポートってそういえばこんな感じだな……何がどうとはっきり言えないんだけど……
    私が、場所、人物、単語が理解できていたとしても合うかどうかはビミョーな匂いがします。

    初出 / 『ラティーナ』2004年11月号、2005年4月号・9月号・11月号。大幅加筆改稿あり。

  • 細野晴臣氏と世代も雑食性、探究性も近い、日本音楽界の生き証人の一人である久保田麻琴氏。 彼が熱をあげているブラジルや、シンガポールほかの、いわゆるロックやポップスなどの産業音楽から離れたピュアな音楽について熱く語っている。 あまり馴染みのない地名や人名が多く、ちとついていけない感が…涙 しかし、旅をする理由が好きになった音楽を感じるためとはカッコええ。

  • 2016/8/25購入

  • ブラジル レシーフェに始まる世界の音の旅。

    リズムの描写が多く、カタカナが多い(笑)

  • ?

  • 資料番号:010919629
    請求記号:764.7ク

  • 様々なワールドミュージックの紹介は、わくわくする。特にモロッコのグナワ、インドネシアのダンドゥットは興味深い。動画サイトで紹介された音楽を探して聴いてみると、はまりそうなものがけっこうある。

  • ワールドミュージック
    という概念があることを本書で初めてしりました。

    インドネシアと日本の類似点は、ジャガイモがインドネシアから伝わったとすれば、
    歌だって伝わっておかしくないので、納得できるような気がします。

    日本が混合文化であることの証だというのではだめでしょうか。

  • [ 内容 ]
    すべての音楽の背後には歴史があり、人々の息遺いがある。
    いま、世界で一番ホットな音楽の現場はどこなのか。
    あらゆる偶然の出会いが重なって生まれる音とは?
    国際色豊かで柔軟性のある新しい音楽を精力的に探求し続けるワールド・ミュージック界の仕掛け人が、音楽誕生の源をたどる。
    岩波新書初の付録CD付き。

    [ 目次 ]
    第1部 旅する錬金術師(ブラジルのアフリカ/ブラジルのヨーロッパ―レシーフェのカルナヴァル;天然トランスは世界を魅惑する―モロッコのグナワ・フェスティバル;ワールド・ミュージックの交差点―WOMAD in シンガポール、スリランカ2005)
    第2部 インタビュー・ただごとでない音楽を求めて―聞き手・田中勝則(アジアのプロジェクトはどうスタートしたか;曲のよさから入る;ロックの頃;もっとディープなロック、ブルース、アメリカへ ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全14件中 1 - 10件を表示

世界の音を訪ねる―音の錬金術師の旅日記 (岩波新書)に関連する談話室の質問

世界の音を訪ねる―音の錬金術師の旅日記 (岩波新書)に関連するまとめ

世界の音を訪ねる―音の錬金術師の旅日記 (岩波新書)はこんな本です

ツイートする