ブランドの条件 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.25
  • (4)
  • (14)
  • (42)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 173
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004310341

作品紹介・あらすじ

その名がつくと、ただのバッグの値がたちまちはねあがる。ルイ・ヴィトン、エルメス、シャネル-オーラを授ける「名前」の魔力。このマジカル・ワールドの謎を解く鍵は、メゾン「誕生」のシーンにあった!贅沢を売りたい人、買いたい人、どちらも必読。「ラグジュアリー」の本質に迫る、ブランド文化論の決定版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ブランドの条件 (岩波新書)

  • 広く知られる高級ブランドの誕生のルーツをたどり、ブランドがブランドたるゆえんを紐解く。貴族のお墨付きを得て繁栄を築いたルイ・ヴィトン。貴族社会に背を向け、新たに活動的な女性像を打ち出したシャネル。時代の変化に伴ってその始まりは違えど、共通しているのはその「名」を伝説にまで高めたこと。ブランドにあまり興味のない人でも楽しめる。

  • 本書の続編である「贅沢の条件」を先に読んでいて、内容は結構被っていながらも良い感じに補完し合っている。こちらの方が具体的なブランドやデザイナーへのフォーカス度が高く、生々い。ヨーロッパの有名ブランド誕生の遠因に自動車産業があるというのに目から落鱗であるが、シャネルとフォードが、別の意味で相似形というのも面白い。現代の高級ブランドのプロフィールが確立するまでには、貴族と職人の国々(欧州)と、ドルと工場の国(アメリカ)の、興味深い対峙があったのだ。

  • ブランドの歴史を振り返りながら、有名がブランドがいかにしてその地位を築いたかを説明している。内容的はあまりおもしろくなかったし、あまり参考にもならなかった。オーラだの抽象的な表現が多くてとらえどころのない本といった印象。

  • 昔の王族や貴族たちが愛用していた小物や備品を作っていたからブランドになったのか、それともその小物や備品を作っている人そのものが素晴らしいからブランドになったのか。

    前者はヴィトン、後者はシャネル。

    結局のところ、とても素晴らしいと多くの人が評価しているものが、ブランドの条件であり、その由来や背景は、ただの御託にしか過ぎない。

    ある品物を持っているときに、見ず知らずの人でも何故かあなたに高い評価を持たれる可能性が高いと本人が考えるもの。
    これがブランドの条件だ。

  • ルイヴィトン、エルメス、シャネルの3つのブランドを中心とした、ブランドの生い立ち(歴史)、比較論を展開。

    ブランド知識のない私には、面白く読むことができました。

    何気なくブランドという言葉を使いますが、真髄は奥深いものなんだと。本物、って何だろうと考えさせられます。

    一方で、エンジニアとしては、自分のブランドを築きたいと夢見ますが・・

  • ≪目次≫
    はじめに ーなぜこのバッグが欲しい?
    第1章 ブランドの誕生ールイ・ヴィトンはいかにしてルイ・ヴィトンになったのか
    第2章 希少性の神話ーエルメスの戦略
    第3章 貴族のいない国のブランドーシャネルとマス・マーケット
    第4章 ブランドとは女のものかー贅沢文明史にむけて
    終章  「変わること」と「変わらないこと」

    ≪内容≫
    ルイ・ヴィトン、エルメス、シャネルとラクジュアリー・ブランドの変遷を追いつつ、何が人々を「ブランド」信仰に走らせているのかを問うたもの。

    〇ブランド現象は「贅沢の大衆化」
    〇18世紀までのファッションは男のものであったこと

  • 『ブランドの条件』山田登世子。読了。メゾンブランドとデザイナーズブランド。ファッションに限ったことではなく、広義な意味でのブランドについて。仕事柄、為になる一冊だが、書かれたのが2006年。時代は早いもので、ここに書かれている

  • 軽く読めてブランドの歴史も知れておもしろかった。
    ココ・シャネルについての話は少しは知っていたけど、エルメスとかは知らなかったので、ブランドの成立についても知れたのはよかった気がする。 

  • メーカーにとってのブランドの在り方。保ち方。
    ヴィトン、エルメス、シャネルをケースに、ブランドとは何かを語っている。
    4章「ブランドは女のものか」での考察が興味深い。作者曰く、女は性差による役割分担によって、ブランドにとりつかれたそうな。それまでは男がブランドでの主役。階層もあるけど。

    男が女にブランドものをプレゼントするのって、日本に限られていない話なのかどうか、示して欲しかった。
    高級娼婦の話もあったけども。

    女がブランド呪縛から解放される日は来るのか。個人的には来て欲しい。

全29件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1946年生まれ。愛知淑徳大学名誉教授。フランス文学。著書に『メディア都市パリ』『モードの帝国』(ちくま学芸文庫)『晶子とシャネル』(勁草書房)『ブランドの条件』『贅沢の条件』(岩波新書)など。訳書に、バルザック『従妹ベット 上・下』『風俗研究』(共に藤原書店)など多数。

「2015年 『「フランスかぶれ」の誕生』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山田登世子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

ブランドの条件 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする