マンションの地震対策 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.43
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004310365

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • マンションの耐震診断や耐震補強には莫大な費用が発生する。住民の合意形成も必要だ。立地も考慮し、より震災に対応できると思われるマンションを購入し、転居することが、現実的な地震対策と言えるのではないか、と感じた。あくまで費用があればであるが・・・

  • [ 内容 ]
    来るべき大地震に向けて、マンションの居住者はどのように備えるべきか。
    もし地震で壊れたらどうすればいいのか。
    安全なマンションの見分け方とは?マンション保全コンサルタントとして長年の実績を持つ著者が、阪神・淡路大震災の被災経験をもとに、マンション居住の安全と安心に資する知識を具体的に提供する。

    [ 目次 ]
    第1章 予想される都市型大地震(どんな地震が来るのか?;地震の強さをあらわす単位 ほか)
    第2章 安全なマンションとは?(構造強度偽装マンションの衝撃;建物の耐震構造の考え方 ほか)
    第3章 あなたのマンションは大丈夫か?(どんなマンションが壊れたのか―兵庫県南部地震による被害の実例から;マンションの世代別被害 ほか)
    第4章 壊れたマンションをどうするか?(建替えか、補修か?;被災マンションの建替え ほか)
    第5章 大地震への日ごろの備え

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    来るべき大地震に向けて、マンションの居住者はどのように備えるべきか。もし地震で壊れたらどうすればいいのか。安全なマンションの見分け方とは?マンション保全コンサルタントとして長年の実績を持つ著者が、阪神・淡路大震災の被災経験をもとに、マンション居住の安全と安心に資する知識を具体的に提供する。


    内容(「MARC」データベースより)
    来るべき大地震に向けて、マンションの居住者はどのように備えるべきか。マンション保全コンサルタントの著者が、阪神・淡路大震災の被災経験をもとに、マンション居住の安全と安心に資する知識を具体的に提供する。

    目次
    第1章 予想される都市型大地震(どんな地震が来るのか?
    地震の強さをあらわす単位 ほか)
    第2章 安全なマンションとは?(構造強度偽装マンションの衝撃
    建物の耐震構造の考え方 ほか)
    第3章 あなたのマンションは大丈夫か?(どんなマンションが壊れたのか―兵庫県南部地震による被害の実例から
    マンションの世代別被害 ほか)
    第4章 壊れたマンションをどうするか?(建替えか、補修か?
    被災マンションの建替え ほか)
    第5章 大地震への日ごろの備え

  • 分類=マンション・防災。06年9月。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1941年 三重県生まれ 博士(工学) 一級建築士。
一級建築士事務所㈱スペースユニオン主宰、愛知産業大学造形学部教授、NPO法人山村集落再生塾代表を経て、現在、近江八幡市の江戸中後期の町家に居住。日本イコモス国内委員会理事等を歴任。
著書
『マンション管理とメンテナンス』(学芸出版社)
『集住の苦悩と幻想』(学芸出版社)
『マンション』(共著、岩波新書)
『マンションの地震対策』(岩波新書)
『マンションにいつまで住めるのか』(平凡社新書)
『アジアの仏教名蹟』(共著、雄山閣) ほか
訳書 ジャック・デュマルセ『ボロブドゥール』(学芸出版社)

「2018年 『民家 最後の声を聞く』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤木良明の作品

ツイートする