ラグビー・ロマン―岡仁詩とリベラル水脈 (岩波新書)

著者 : 後藤正治
  • 岩波書店 (2006年9月20日発売)
3.53
  • (3)
  • (2)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
  • 33人登録
  • 5レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004310372

作品紹介

ラグビーは走る格闘技である。岡仁詩(一九二九年生)は太平洋戦争の真っ只中にラグビーと出会い魅せられた。のち選手として、監督として斬新な戦法をあみ出し、同志社大学をラグビー界のトップに導き、多くの指導者を育てた。日本の体育界に稀有なリベラル・ラガーマンの足跡を辿りつつ、アマチュアスポーツの原点を探る。

ラグビー・ロマン―岡仁詩とリベラル水脈 (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • by朝日 著者名with他書
    101119-110317
    ---
    個人の名誉のために闘おう 152
    『ラグビーマガジン』編集長:村上晃一 181
    コーチング・アドヴァイザー、という肩書き 202
    『メロウ 1983』田口 芥川賞候補・ドゥマゴ文学賞14th @『新潮』2004年8月号 213
    ファンクラブ会員、『紺グレニュース』、割引券 222
    ---
    名物ぶり7, 15-6, 18, 19, 22, 29, 31, 43, 50, 55, 73, 日本ラグビー特有の・・・107, 122, 137, 141, 146, 206-7, 216, 219, 226,

  • [ 内容 ]
    ラグビーは走る格闘技である。
    岡仁詩(一九二九年生)は太平洋戦争の真っ只中にラグビーと出会い魅せられた。
    のち選手として、監督として斬新な戦法をあみ出し、同志社大学をラグビー界のトップに導き、多くの指導者を育てた。
    日本の体育界に稀有なリベラル・ラガーマンの足跡を辿りつつ、アマチュアスポーツの原点を探る。

    [ 目次 ]
    序章 埋み火
    第1章 天中
    第2章 源流
    第3章 突進
    第4章 接戦
    第5章 転機
    第6章 雪辱
    第7章 再会
    第8章 奔放
    第9章 歳月

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 同志社のラグビー。最近関東で見る機会がなくて残念

  • 私たちのルーツ。同志社ラグビーがどのように出来たのか?ラグビーだけでなく自由という校風を理解できる1冊だと思う。

全5件中 1 - 5件を表示

後藤正治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
トマ・ピケティ
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

ラグビー・ロマン―岡仁詩とリベラル水脈 (岩波新書)はこんな本です

ツイートする