ベルクソン―“あいだ”の哲学の視点から (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.27
  • (1)
  • (5)
  • (15)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :85
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004310402

作品紹介・あらすじ

われわれはどこから来たのか。われわれは何であるのか。われわれはどこへ行くのか。この生成と存在の問題は哲学の最重要課題である。一九世紀の科学革命の成果を取り入れながら、このテーマについて根本的な問題提起を行なったベルクソン(一八五九〜一九四一)の思索の跡をたどり、その現代的意味を考える、画期的入門書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • メモにページ数など書き忘れた…

    「あいだ」で事物を説明しようとした人。この本の筆者は「ありなし間」「いまかつて間」という言葉を使用して、ベルクソンの考え方を説明している。従来の「ありなし間」にたいして「いまかつて間」に移行した考え方をする。

    ベルクソンは知性は社会を解体するといっていたようだけど、ルソーは理性(知性と=で方っていいかが問題になってくるけど)を得ることは自然状態(人間のベストな状態)からの逸脱と言っている。これって反対のことをいっているような?今度かんがえてみたい。

    「間」の異交通についての話が多くなるわけだけど、運動で事物を説明しようとしたヒュームとベルクソンについても考えてみたい。

    一番興味深かったには、アキレスと亀などに代表されるパラドクスンに対して「時間と空間を混同している」って話。

    後半に映画の話が出てくるのだけど、映画というのはコマ送りで動いて見せるように「見せる」だけの機構だからベルクソンのかんがえかたに反するってはなし。メモにドゥルーズが云々って書いてあるんだけど読めない。
    未来派=速度の美学とも書いてある。

    頭のところを読んで書いたメモだと思うけど、
    神=存在そのもの
    存りて存るものp12
    動かす神か、存在そのものの神


    「動くものなき動きそうもの」の意味をほぼ読み終わるまでわからないなど、読んでいた時の状況が万全でなかったので再読したい。

  • ベルクソンについては、逆さ円錐の人だっけという程度で、著作は読んだことがない。この本は入門書とはいうものの、筆者独自の用語が多用されていて、どこまでがベルクソンの思想なのかが少しわかりづらかった。辞書的な意味とは異なるとはいえ「即身成仏」「マンダラ」という言葉を使ったり、マザーテレサの話が出てきたりと、とてもユニークだ。とはいえ、ベルクソンが、19世紀末から20世紀という時代に、自然科学や宗教にしっかりと向き合って存在論を展開したのだということはわかった。
    ベルクソンの入門書として良いのかどうかはわからないが、哲学的読み物として面白かった。

  • 3ページ進んで2ページ読み直すような感じで、のろのろと咀嚼しながら、年を跨いで読了。
    思想や哲学の場合、入門書という体裁でも前提知識のない者には小難しくて読むのを諦めるか、さらっと字面を読み流して終わるのが多い気がするが、本書は時間をかければなんとか理解したつもりになれそうな位置にある。
    われわれはどこから来たのか。われわれは何なのか?われわれはどこへ行くのか?過去現在未来...物理学の文脈で「時間とは何か?」的な読み物を読んでいても、結構引き合いに出される「ベルクソン時間」。過去の保存(つまり記憶)を持続するコトが時間なのである。
    ベルクソンについては時間論以外にも、(理解できれば)面白そうなネタがありそうだ。

  • 持続・直感・行動。

    全ての道がベルクソンに通じていたので。勉強。

  • [ 内容 ]
    われわれはどこから来たのか。
    われわれは何であるのか。
    われわれはどこへ行くのか。
    この生成と存在の問題は哲学の最重要課題である。
    一九世紀の科学革命の成果を取り入れながら、このテーマについて根本的な問題提起を行なったベルクソン(一八五九~一九四一)の思索の跡をたどり、その現代的意味を考える、画期的入門書。

    [ 目次 ]
    1 “あいだ”と生成―われわれはどこから来たのか(存在と無の“あいだ”;過去と現在の“あいだ”;異交通的生成)
    2 進化と痕跡―われわれは何であるのか(生物学と実証的形而上学;分岐と痕跡;知性と横断;開いた動対応へ)
    3 神秘系と機械系―われわれはどこへ行くのか(神仏への道;開いた社会と密厳浄土;マンダラと二重狂乱)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全5件中 1 - 5件を表示

篠原資明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
國分 功一郎
サン=テグジュペ...
J.L. ボルヘ...
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

ベルクソン―“あいだ”の哲学の視点から (岩波新書)はこんな本です

ベルクソン―“あいだ”の哲学の視点から (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする