アジア・太平洋戦争―シリーズ日本近現代史〈6〉 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.54
  • (6)
  • (22)
  • (32)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 235
レビュー : 28
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004310471

作品紹介・あらすじ

マレー半島上陸と真珠湾攻撃によって開始された「アジア・太平洋戦争」。なぜ開戦を回避できず、長期化したのか。兵士や銃後の人々、アジアの民衆は、総力戦をいかに生き、死んでいったのか。矛盾を抱えて強行され、日本とアジアに深い傷跡を残した総力戦の諸相を描きながら、日米交渉から無条件降伏までの五年間をたどる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2007年刊行。何かすごい記述、新規な記述があるわけではないが、安心してアジア・太平洋戦争の全体を、簡明に見通せる書である。新書ではあるが、索引・参考文献付きなので、助かるところである。

  • 『先の大戦をアジア・太平洋戦争と呼ぶ。』戦争責任に対する日本国民の考え方については、合点がいった。事変とか事件って言葉を使うことで本質が見えにくいって感じるところは未だに大きいと思う。

  • 読了。

  • [配架場所]2F展示 [請求記号]080/I-3 [資料番号]2007107636、2008101319

  • 戦後へと連なる国民意識の変容、底流に触れた後半部分が興味深い。この時代を経て、この時代の前から、戦後の日本が始まっていたのだな。

    あとがきで、著者は思い入れが強かったと自省的に述べているが、私はその立場を好ましく感じる。軍部の分析で、国民の意識が離れていくことを指摘したものがあるのが、意外であった。天皇の立場も、絶大なのに、濫用したとまでは言えないように思う。遺骨の問題への言及もナイーブなだけに興味深い。なんともできなかったんだろうな。

    まぁ、ひどい戦争だったんだな。総力戦のもろさを露呈している。なにかの目的だけに、これだけの国民を十全に活用、運用することはできないのだろう。戦後、社会主義国でも同様だったが、ナショナリズムを含めたイデオロギーの目的化は破綻する。

    あと、この時代にも株式市場が当たり前のように機能していたことが驚き。

    ・臨時軍事費による軍備拡充のため、戦争を回避できなかった。
    ・軍隊では一般社会のことを「地方」と呼んだ
    ・戦時日本の経済の悪化ぶりはドイツを上回る。アメリカは好景気に。これが戦争国家アメリカの意識を作った側面もある。
    ・徴用令書は「白紙」と呼ばれていた。
    ・日本の捕虜政策の際だった非人道性
    ・餓死率60%
    ・軍関係者の闇買いのすさまじさ
    ・闇の全面的受容は、戦後民主主義の歴史的前提である、私生活の充実、公からの離脱を隠然と作り出していた。
    ・各国の死者数。フィリピンが110万人と多いのに驚いた。

  • 教養ー導入ゼミの先生が記している本。
    あまりイデオロギーはあわないけれども、
    事実を丁寧におっている気はする。

  • 一言で言えば「左」の立場であろう。戦争責任という言葉が多く出てくるし、遠まわしながら天皇の戦争責任も問うているようである。責められるのは専ら指導者層と軍の中堅幕僚であり、メディアや国民は統制・扇動される対象として触れられるのみである。宣戦布告の不備を含め国際法上の違法性も挙げられている。しかしそういう本だという前提で読めば、コンパクトながら内容が詰まっている上、新書には珍しく個別記述に出典がまめに明示されており、イデオロギー書でもない。特に筆者のバックグラウンドが社会学だからか、総力戦に伴う小作農・労働者・女性といった従来の「下流階級」の経済力・地位の相対的向上、配給制に伴う格差の下方平準化、という指摘は他ではあまり見たことがなかった。

  • 今の時期に読むのはなかなかよかったと思う。
    自分の中で改めて戦争について興味が湧いたのはよかった。

  • コンパクトにまとめられているが、中味は濃い。

全28件中 1 - 10件を表示

吉田裕の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
三浦 しをん
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

アジア・太平洋戦争―シリーズ日本近現代史〈6〉 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする