高度成長―シリーズ日本近現代史〈8〉 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.07
  • (1)
  • (8)
  • (32)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 149
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004310495

作品紹介・あらすじ

日本経済の「後進性」が問題にされ、近代化・合理化の必要性が熱心に叫ばれた時代から、「経済大国」としての地位を確立する時代まで。「経済成長への神話」はどのように浸透し、また「ゆがみ」を生じさせていったのか。人々の欲求と政治の思惑はいかに寄り添い、あるいはすれ違い続けたのか。通説に大胆に切り込む意欲作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読了。第二次世界大戦後の日本の政治史・経済史・通商産業政策・外交史(日米が中心)が網羅的に書かれており、一通り短時間で目を通すものとしては有益だ。参考文献も網羅的に掲げられている。

  • 読了。

  • 好い事ずくめではなかったんだな。経済成長も歪みが伴っていた。みなが幸せというわけにはいかなかった。目先の喜びが将来の悲劇を孕んでいるようにも。

    全体的にはキレがなかったように思う。底流を見る視点が欠けている。現代史であるので読みやすかったが。できのいい学生のレポートのよう。

    ・経済成長が生活を苦しくした
    ・環境庁は最初一人だった

  • 高度成長を概説する

  • 逗子図書館で読む。正直、期待はずれでした。戦後と戦前の相違は、製造機械を国産化したことです。戦前においては、生産の増加は、製造機械の輸入の増加をともなう。それに対して、戦後は、製造機械は国産化された。ここら辺が、戦前と戦後の大きな違いであると指摘している。この点では、中国は、日本の戦前の段階にあることになります。

  • う~ん、どうなんでしょう
    歴史は繰り返すという事
    高度成長の裏には優遇制度等による政府の経済コントロールがあった事
    興味を惹いた点はそれぐらいでしょうか

  • マクロ経済学に詳しくないので、よくわからない記述がけっこうあった。勉強せないかんなあと思った。

  • 大学受験に向け「戦後史」を学ぶ高校生にオススメの一冊。タイトルの「高度成長」にある通り、メイントピックは経済と政治(主に第1、4章、おわりに)であるが、60年代から80年代にかけてを概観するのに適した一冊である。

  • 戦後最長・佐藤政権は案外やっつけで乗り切っていた。しかしこの時代は政治から公害からなので書くのは大変そうですね。

  • [ 内容 ]
    日本経済の「後進性」が問題にされ、近代化・合理化の必要性が熱心に叫ばれた時代から、「経済大国」としての地位を確立する時代まで。
    「経済成長への神話」はどのように浸透し、また「ゆがみ」を生じさせていったのか。
    人々の欲求と政治の思惑はいかに寄り添い、あるいはすれ違い続けたのか。
    通説に大胆に切り込む意欲作。

    [ 目次 ]
    第1章 一九五五年と一九六〇年―政治の季節(転機としての一九五五年 独立後の政治不安 保守合同と五五年体制 国際社会への復帰 春闘と三池争議 日米安全保障条約改定問題 五五年体制と戦後民主主義)
    第2章 投資競争と技術革新―経済の季節(経済自立から所得倍増へ 投資とその制約要因 「技術革新」と新産業育成 「見せびらかしの消費」の時代)
    第3章 開放経済体制への移行―経済大国日本(ベトナム戦争下のアジア 開放体制への移行 証券恐慌と大型合併 大型合併と企業システム 「成長志向」への異議申し立て)
    第4章 狂乱物価と金権政治―成長の終焉(二つのニクソン・ショック 沖縄返還 列島改造と狂乱物価 二つの石油危機 企業の社会的責任と金権政治)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全19件中 1 - 10件を表示

武田晴人の作品

高度成長―シリーズ日本近現代史〈8〉 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする