教育力 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.78
  • (64)
  • (99)
  • (97)
  • (13)
  • (0)
本棚登録 : 739
レビュー : 96
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004310587

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 道に迷ったら読みたい本。
    斉藤先生の本は読むと元気になる。
    教育の祝祭性は納得がいった。
    教育は祭りなんだ。
    結果じゃなくて過程。

  • タイトル通り「教育力」とは何かということが、きちんと丁寧に書かれている王道の本。
    筆者自身のエピソードが交えてあるのも読みやすく、納得できる箇所、勉強になる箇所が随所にちりばめられている。それでいて押しつけがましくなく、「私も前向きにがんばろう」とそう思わせてくれる。特に序章にかかれているこの1文が心に響いた。
    「教育の一番の基本は、学ぶ意欲を書き立てることだ。」

  • 高校生の娘が塾の先生に薦められた一冊ということである。
    斎藤孝さんの文章は本当にわかりやすい。
    小中高教員向けに書かれているのかとも思ったが、大学教員にも大いに考えさせられるし、学校とは関係なく一般的に人にものを教えることについて深く考えさせられる。
    教育という仕事に関わっていることに面白さを感じるし、色々とやる気も出てくる。
    現実はなかなかつらいのだが、環境のせいにするのではなく、自分でできることをやらなければならないのかと大いに反省させられた。

  • 教育とは何なのか、教育は何のためにあるのか、どうすれば教育の質を上げられるのか等、かなり踏み込んで書いてあり自分を見つめなおすきっかけにもなった。

  • 齊藤さんのことはテレビや本屋などで知っていたが、この本でやっと初めて斎藤さんの本を読んだ。

    ものすごく正論尽くしで、共感する部分がたくさんあった。
    教師は学び続けなければならないというのは、もちろんそうだ。学ぶことを楽しむ教師の姿に、子供たちはなにか感じるということは納得だ。

    この本では、教育者がするべきこと、求められることを幅広く論じてくれており、若い先生はもちろん、ベテランの教師の方もぜひ読んだ方がいい本だと思う。教育への熱というものがまたこみ上げてくるような本である。

  • 教育者として読んでいてとても勉強になった。
    研究する心を忘れてはいけないというのは本当にその通りだと思う。初心の心を忘れないように生徒と接していきたい。
    教育者には是非読んでもらいたい本。

  • 著者が冒頭で述べていたようにこの本はさまざま教育の実状があるなかでも、それに関わる人間として前向きになる本である。そのため、実践例の記載は少ない。

  • 教師としての必要なもの、考え、アドバイス・・・そういったものをはじめ、「教師とは」「教育とは」について書かれたもので、非常に良書だった。
    自分が心がけ、目指す教育観・教師像に非常に近いものが多かった。
    常に学び続ける姿勢こそが、よりよい教師につながる
    たとえその瞬間、嫌われようとも10年後に「受けてよかった」と思わせたなら、それは成功である。
    など、まさにそのとおりであると思った。
    その他、多くのことに共感し、付箋を貼りつつ読むくらいであった。
    今現在、教師の方や、大学などで教師を目指している人、アルバイトで先生をしている人だけでなく、生徒の立場の子たちにも読んでほしい。

  • だいぶ前に読んだけど、改めてもう1回読んでみた。
    ドッグイヤーでいっぱいになった(笑)

    教師自身が学ぶこと(教える時間の倍、自分が学ぶ必要がある)
    憧れられる存在になること
    引き出しをたくさん持っておくこと
    やっぱり読書は欠かせない・もっとも簡単に学べる手段だ
    etc.

    齋藤さんの意見はいつも身に沁みます。
    考えさせられます。頑張らねば、という気になる!
    やっぱり『読書力』ももう一回読もうっと。

  • 教育学のテストの参考にしようと流し読みするつもりだったが、面白くてつい熟読してしまった。

著者プロフィール

齋藤 孝(さいとう たかし)
1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業後、同大大学院教育学研究科博士課程等を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。学者、作家、文化人の役割で多くのメディアに登場している。
2001年『身体感覚を取り戻す』で第14回新潮学芸賞を受賞。2001年発行の『声に出して読みたい日本語』は250万部を超えるヒットとなり、第56回毎日出版文化賞特別賞を受賞。
その他、『語彙力こそが教養である』など多くの著書があり、発行部数は1000万部を超える。『こども孫子の兵法』など監修作のヒットも多い。NHK Eテレ「にほんごであそぼ」総合指導。

齋藤孝の作品

ツイートする