金融NPO―新しいお金の流れをつくる (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.51
  • (3)
  • (15)
  • (20)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 115
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004310846

作品紹介・あらすじ

「意志あるお金」を社会に活かす。キーワードは社会的リターン。既存の銀行や市場ではお金がうまく流れない、社会や環境のためにお金を回したい-さまざまな知恵と工夫によって広がる内外の金融NPOを詳しく紹介。営利金融との連携や「協働」を促すための望ましい金融制度の姿を論じる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 知ってるようで知らないことがわかる良書。

  • 「意思あるお金」を社会に活かす。キーワードは社会的リターン。既存の銀行や市場ではお金がうまく流れない、社会や環境のためにお金をまわしたいーさまざまな知恵と工夫によって広がる内外の金融NPOを詳しく紹介。営利金融との連携や「協同」を促すための望ましい金融制度の姿を論じる。

  • 前半は日本のいろんな金融NPOの紹介にとどまり、無味乾燥な感じ。後半の日本以外の国の状況について書かれている部分は面白かった。元新聞記者なだけあって、文章はとてもわかりやすいと思う。

  • 社会的金融って日本ではあまり浸透していないかと思っていたけど、色んな例があったんだなぁと。
    もっともっと広げていきたいなぁー

  • 面白いけど著者は教授であるものの論文とはいえない
    新聞記者だけあって新聞記事の集まりみたいな感じ。
    NPOバンクを知りたいなら必読だけど、もう少し学問的な体系がなされる必要あり。

  • SLIに興味が湧いたため購読。ビジネスと社会貢献を両立させることの大変さと必要性が伝わった。

  • 生協や共済だったり、貸金業だったり、グラミン銀行だったり、NPOだったり、自分が知ってた事がこんな形で繋がるなんて。面白かったし、こういう社会参加っていいなって思った。apバンクもただのフェスだと思ってたし。

  • [ 内容 ]
    「意志あるお金」を社会に活かす。
    キーワードは社会的リターン。
    既存の銀行や市場ではお金がうまく流れない、社会や環境のためにお金を回したい―さまざまな知恵と工夫によって広がる内外の金融NPOを詳しく紹介。
    営利金融との連携や「協働」を促すための望ましい金融制度の姿を論じる。

    [ 目次 ]
    第1章 日本の金融をどうみるか
    第2章 広がるNPOバンク
    第3章 多重債務者を救え
    第4章 市民ファンドで起業支援
    第5章 寄付で促す資金の還流
    第6章 米英の金融NPOの担い手たち
    第7章 「銀行」になった金融NPO
    おわりに―お金の巡りは社会を活かす

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • キーワードは「意思あるお金」でしょう。
    昨今注目が集まっている金融NPOについて、金融NPOが起り始めた背景、実際に起っている多様な事例を交えながら解説されています。社会的課題解決のために既存の金融機関が融資しない・できない対象を扱うファンドの話、多重債務者救済の策の話、ファンドレイジングの手法として参考になる点も書いてあると思います。

    事例紹介の際も、既存の選択肢をしっかりと明示した上で、金融NPOが扱う領域を示しているので論理的にわかりやすいです。

    世間一般的にも、ソーシャルファイナンスという分野の先駆的な本だと思います。

    金融関係の本を読んで基礎も抑えないとなと思うようにもなりました。

  • 少し前の本。著者はジャーナリストで国内や海外の金融NPOをタイプごとに丹念に取材されている。地元、一宮市の教会の事例が出てきた。教会の場所も知っているのに、耳目を集める活動についてはまったく知らなかった。
    厳しい経済環境の中でも、たくさんの預金、資金、寄付金を集めることができている事実に勇気づけられる。政府の支援は、特定業界の支援ではなく、マネー循環と起業促進というインフラ整備であり、マーケット創造は市民・起業の責任であるということを裏打ちする議論を展開してくれている。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

上智大学大学院地球環境学研究科教授。環境省中央環境審議会臨時委員、地球温暖化対策中長期ロードマップ小委員会委員、JVETS評価委員、環境経済情報検討会座長等を兼務。

「2013年 『環境金融論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤井良広の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
J・モーティマー...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

金融NPO―新しいお金の流れをつくる (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする