肖像写真―時代のまなざし (岩波新書)

著者 : 多木浩二
  • 岩波書店 (2007年7月20日発売)
3.36
  • (1)
  • (4)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :52
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004310860

作品紹介

肖像写真を撮るまなざしの変遷から歴史が見えてくる。ブルジョワ知識人を撮った一九世紀のナダール。さまざまな職業の人間を撮って二〇世紀の全体像を描こうとしたザンダー。被写体にパフォーマンスさせた現代写真家アヴェドン。彼らの肖像写真からは、記述された歴史ではうかがい知ることがなかった人間の変容が浮かび上がる。

肖像写真―時代のまなざし (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784004310860

  • 読みやすいような読みにくいような…普通におもしろいけど

  • [ 内容 ]
    肖像写真を撮るまなざしの変遷から歴史が見えてくる。
    ブルジョワ知識人を撮った一九世紀のナダール。
    さまざまな職業の人間を撮って二〇世紀の全体像を描こうとしたザンダー。
    被写体にパフォーマンスさせた現代写真家アヴェドン。
    彼らの肖像写真からは、記述された歴史ではうかがい知ることがなかった人間の変容が浮かび上がる。

    [ 目次 ]
    第1章 ブルジョワの理想―ナダール(カリカチュリストから写真家へ 写真家としての出発 ほか)
    第2章 二十世紀の全体像をめざして―アウグスト・ザンダー(あらゆる階層の人びとを網羅する 分類し、総合する ほか)
    第3章 パフォーマンスの真実―リチャード・アヴェドン(「借りた犬」 顔とは何か ほか)
    終章 肖像写真と歴史(人間の顔 肖像写真を見ること ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • ナダール ブルジョアジー、名士を撮る
    ザンダー ブルジョアジーだけでなく一般市民、農民、あらゆるものを取る。
    アヴェドン 背景を白にし、写真技術も上がっている。かつて奴隷で会った人物の肖像・・・。

    記述されない歴史の根底に流れるものを肖像写真は与えてくれる。肖像写真を見ることでその時代時代のまなざしの違いが浮かび上がる。

  • アヴェドンを知らなかったので楽しめた。あとは多木さんの書いたベンヤミン本の方が面白いような気がするけど、アヴェドンと終章を読むだけでも元は取れた気がする。買ったのブックオフだけど。

全6件中 1 - 6件を表示

多木浩二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スーザン・ソンタ...
フランツ・カフカ
宮部 みゆき
レイチェル カー...
有効な右矢印 無効な右矢印

肖像写真―時代のまなざし (岩波新書)はこんな本です

ツイートする