バチカン―ローマ法王庁は、いま (岩波新書)

著者 : 郷富佐子
  • 岩波書店 (2007年10月19日発売)
3.43
  • (3)
  • (13)
  • (22)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :76
  • レビュー :14
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004310983

作品紹介

ローマ法王を中心に全世界のカトリック教会の頂点に立つバチカン。この世界最小の国家は、宗教化する世界の中でどこへ行こうとしているのか。ヨハネ・パウロ二世からベネディクト一六世への代替わりを取材した記者が、ローマ法王庁の内側、イタリア社会の中での存在感、イスラム世界との摩擦などを、エピソードをまじえてつづる。

バチカン―ローマ法王庁は、いま (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • バチカンの歴史についてわかりやすく説明してくれる本。著者は朝日新聞の記者でヨハネ・パウロ二世が亡くなられた時に丁度特派員としてバチカンに滞在していたのでその近辺のことが興味深く書かれている。

    実は、此の方、僕が良く行くバーのお客さんでたまにいっしょになったりする。で、この本をもらったけど読んでなかったバーのマスターが僕に貸してくれたというわけです。

    朝日新聞の悪口はいくらでもいえるが酒場では自粛した方がいいのかもしれません。

  • 日本のカトリックは「教皇」、しかし1942年にバチカンが日本と外交関係を樹立した際、日本政府へ登録した国名は「法王庁」なので、外務省で使用する政府文書などでは現在も「法王」である。
    法王崩御Xデーに備えて記者たちはあらかじめ記事を準備していた。

  • 図書館の書架で見かけて。

    ローマ・カトリック教会の総本山、バチカン番の記者だった著者が、
    ヨハネ・パウロ二世とべェネディクト一六世の二人の法王の時代について書いた本。

    バチカンの日常生活や、二人の法王の行動や違い、
    カトリック教会が抱える現代社会の対立やその解決が
    描かれていて面白かった。

    意外と知らなかったのが、
    イタリアとバチカンの関係。
    個人所得税の8/1000をどこかを選んで寄付する制度がありカトリック教会を筆頭に宗教団体にお金が流れているとか、
    バチカンがイタリアの政策に口をはさんだりとか、
    学校に十字架をかけることが問題になっていたりと、
    興味深かった。

    バチカンの国務長官が「バチカンのサッカーチームを作ってみようか」と言って大騒ぎになったり、
    ローマで行われた「聖職者カップ」では、反則に「ブルーカード」があって、ピッチの外で15分頭を冷やす「懺悔方式」があった、
    という話も面白かった。

  • かなり最近のことまで載っているのがよい。

  • 朝日新聞記者という経歴の著者だけに非常に読みやすい文体で、事実が知りたい、というこちらのニーズには最適だった

  • 朝日新聞のローマ特派員が綴った、間近から見たバチカンとローマ法王。
    小学生の時分に、世界一小さな国=バチカンと覚えたが、それ以来気に留めることもなく、サン・ピエトロ寺院だってローマにあると思っていた。(バチカンがローマ内にあるのだから間違ってはいないけど)
    「バチカン」という書名ではあるが、ローマ法王という存在に比重がおかれており、特に先代のヨハネ・パウロ2世には字数を割いている。
    バチカン ----- 一国家でありつつ、世界最大の宗教組織の頂点機構という、かなり特殊で閉鎖された世界であることは想像に難くないが、それを描写する距離感が絶妙な文章。宗教家でもない宗教学者でもない(たぶん)カトリック教徒でもない著者ならではの視線故であろうか。非常に良い本だった。

  • バチカンの今の事情や小話、世界とのかかわりが分かりやすく面白く、カトリックやローマにそれほど明るくない私には勉強になり、ちょっと前の本だったけどとても有意義だった。

  • [ 内容 ]
    ローマ法王を中心に全世界のカトリック教会の頂点に立つバチカン。
    この世界最小の国家は、宗教化する世界の中でどこへ行こうとしているのか。
    ヨハネ・パウロ二世からベネディクト一六世への代替わりを取材した記者が、ローマ法王庁の内側、イタリア社会の中での存在感、イスラム世界との摩擦などを、エピソードをまじえてつづる。

    [ 目次 ]
    序章 揺れるバチカン
    第1章 法王の代替わり―ドキュメント・サンピエトロ広場
    第2章 バチカン探訪―ローマ法王と法王庁
    第3章 ヨハネ・パウロ二世の時代―「空飛ぶ聖座」の四半世紀
    第4章 バチカンを見つめる世界の目―宗教化する世界の中で
    第5章 イタリアの中のバチカン―暮らし、政治、宗教
    終章 教会はどこへ向かうのか

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • バチカンに駐在していた新聞記者が見たバチカン。日本人があまり知らないカトリックの世界を垣間見れる。

    いかにもジャーナリストが書いた新書という感じ。

  • 図書館でみかけて何となく手に取った。新聞社のローマ特派員を長くつとめた筆者が、ヨハネパウロ2世が亡くなった前後のバチカンの様子について紹介する本。法王を選ぶために枢機卿百余名が集まって行われるコンクラーベの内容やバチカン銀行の資産についてはさすがにこの本でも明らかになっていない。むしろバチカンに住む人、記者、神父達、そしてそれを支えるイタリア人達の生の姿を伝えているという点がこの本の価値であると思う。

全14件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
シェイクスピア
ヴィクトール・E...
三島 由紀夫
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする