新・折々のうた〈9〉 (岩波新書)

著者 : 大岡信
  • 岩波書店 (2007年10月19日発売)
3.80
  • (2)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 12人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (211ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004311010

作品紹介

一九七九年一月二五日より二〇〇七年三月三一日まで通算六七六二回に及んだ「現代の万葉集」連載最終巻。高村光太郎の旅の短歌で始まったこの連載は、江戸の女流俳人田上菊舎の旅の俳句で足かけ二九年にわたる「うた」の旅の大団円を迎えた。『朝日新聞』二〇〇六年四月から二〇〇七年三月までの掲載分を加筆のうえ収録。通巻第一九冊。

新・折々のうた〈9〉 (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • #岡本かの子 #短歌 いぢめられ悲しき時は校庭の木馬をひとり打ちたたくとふ #返歌 岡本の太郎芸術爆発は小学校のいぢめの返しか

  • いつもこれがあるのがあたりまえみたいに思っていましたので、なくなるのは寂しいですね。以前は朝日新聞をとっていたわけではないので、リアルタイムで読んでいたわけではありませんが、いつしか、岩波新書が出れば買って読むようになりました。
    できれば、「新」の方も「旧」同様、10巻まで頑張っていただきたかったというのは、読者のわがままというものでしょう。索引を含めて、全21冊は、「何か読みたいなぁ」というときの
    格好の友です。

    この本のおかげで、万葉や古今はもちろん、川柳や台湾万葉集、さらには高校生の俳句に接することができました。著者に感謝します。

全1件中 1 - 1件を表示

大岡信の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

新・折々のうた〈9〉 (岩波新書)はこんな本です

ツイートする