中国残留邦人―置き去られた六十余年 (岩波新書)

著者 : 井出孫六
  • 岩波書店 (2008年3月27日発売)
3.43
  • (0)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :20
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004311195

作品紹介・あらすじ

"国策"で送り出され、敗戦により中国に置き去りにされた人々。そんな「中国残留婦人・残留孤児」たちが、なぜようやく帰国できた祖国を相手に裁判を起こしたのか。残された課題は何か。果たして個人にとって国家とは何なのか。『終わりなき旅』から二十余年、「国家の怠慢」の全貌とそれに翻弄され続けてきた人々の姿を描き出す。

中国残留邦人―置き去られた六十余年 (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 残留邦人を生むきっかけとなった満蒙開拓政策から
    国家賠償請求による神戸地裁の判決までをドラマチックに描く。
    著者の立場は一貫して日本政府の怠慢を叱責するもので、
    これに翻弄される残留邦人の悲惨さが浮き彫りになる。
    しかしその反面日本政府がこうした政策をとった経緯など
    これを補完する内容は薄く、
    中国政府の対応についても表明的に歓迎するのみで、
    やや一方的に感じた。
    しかしラストの神戸地裁の判決文には思わず息を飲む。

全3件中 1 - 3件を表示

井出孫六の作品

中国残留邦人―置き去られた六十余年 (岩波新書)はこんな本です

ツイートする