北京―都市の記憶 (岩波新書)

著者 : 春名徹
  • 岩波書店 (2008年4月22日発売)
3.36
  • (1)
  • (2)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :26
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004311263

北京―都市の記憶 (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 岩波新書。

  • [ 内容 ]
    北京は都市としてどのように発展してきたのか。
    黄金色に輝く故宮、青空に映える天壇、水と緑の頤和園、悠久の歴史を示す万里の長城、華やぐ王府井・前門界隈、庶民の哀歓を伝える胡同。
    発展を続ける魅惑の都市誕生の秘密を歴史と現在から読み解く。
    発見の驚きと喜びに満ちあふれた最新の都市案内。
    写真・地図多数。

    [ 目次 ]
    壁に囲まれた都市-歴史をさぐる
    盛り場歩き-都市の欲望
    天安門広場-皇帝の身体・主席の遺体
    故宮の秘密-権力を視覚化する
    胡桃のなかの世界-密室から世界へ
    什刹海とその周辺-古都の余香
    天壇へ-天を祀る場所
    水と庭園-北海公園と頤和園
    西山のふもと-郊外の風景
    万里の長城と明の十三陵-明文化の残光
    博物館さまざま-ものと記憶
    北京に住んだ人々-都市の身体

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 面白かった。私が知っている北京はもう5年も前だけど、また行きたくなった。
    老舎や莫言を読もうと思う。

  • 著者の体験をもとにした北京案内。詳しくは<a href="http://d.hatena.ne.jp/rockfield/">こちら</a>です。

  • 50万年前の北京原人の時代からオリンピック直前の2008年までの北京の記録・報告・旅の物語。

全6件中 1 - 6件を表示

春名徹の作品

北京―都市の記憶 (岩波新書)はこんな本です

ツイートする